【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » お風呂汚れの種類とは?お風呂掃除を快適にこなすコツを紹介!

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂汚れの種類とは?お風呂掃除を快適にこなすコツを紹介!

2021年07月21日 お風呂の掃除


お風呂掃除は面倒!?

お風呂は毎日の疲れを癒してくれる場所です。しかし、毎日使うことで、水垢や石鹸カスなど汚れがすぐに溜まってしまいます。家の掃除の中でも、面倒だと感じている人が多いのがお風呂掃除ではないでしょうか。お風呂は、浴槽をはじめ掃除する箇所がたくさんあり、毎日掃除するのは大変です。そこで今回は、お風呂汚れの種類と、お風呂掃除を快適にこなすコツをご紹介します。

お風呂汚れの種類と原因

お風呂汚れには、水垢をはじめとしたさまざまな種類があります。汚れの原因を知れば事前に予防することも可能です。まずはお風呂汚れの原因をそれぞれ見ていきましょう。

・水垢
お風呂の水垢は、浴槽・壁・鏡・床など、あらゆる場所で見受けられます。この水垢は、水道水に含まれる、カルシウム・マグネシウム・ケイ素などのミネラルが結晶化することが原因です。お風呂を使ったあと、水滴をそのままにしておくと水垢となりますので、水垢汚れを予防するには、使用後に水滴をタオルで拭き取ると良いでしょう。

・ピンク汚れ
床や浴槽などに発生するピンクのぬめり汚れは、ロドトルラという酵母菌が原因です。ロドトルラは、空気中に浮遊している菌のことで、水分がある場所で発生します。水分がある場所で発生するので、カビと一緒にされがちですが、カビではありません。

しかし、ピンク汚れを放っておくと、すぐに繁殖して汚れが広がっていき、その後カビも発生しますので、ピンク汚れを発見したらすぐに掃除するように心がけましょう。お風呂を使用した後に水滴を拭き取ることで予防できます。

・カビ
お風呂にカビが発生してしまうと、掃除が大変です。何回掃除してもすぐにまたカビができてしまいます。カビは、皮脂や石鹸カスを栄養として発生し、高温多湿な状態で繁殖します。皮脂や石鹸カスをよく流し、お風呂を使用した後は水滴を拭き取り、換気することで予防可能です。

・皮脂汚れ
皮脂汚れは、頭皮や身体から出る皮脂が浴槽や壁などに付着したぬめり汚れです。お風呂は、身体の汚れを落とす場所なので、このような汚れが発生するのは当たり前のことでしょう。お風呂の後は浴槽や壁、床などをシャワーで流し、水滴を拭き取ることで予防できます。

お風呂掃除に使う洗剤と掃除グッズ

お風呂汚れの種類と原因、予防策をご紹介しましたが、どうしても予防できない汚れや、すでにこびりついてしまった汚れについては、掃除して汚れを落とすしか方法はありません。お風呂掃除に使う洗剤や掃除グッズは、以下のものを揃えておけば安心です。

●重曹
●クエン酸
●消毒用エタノール
●浴槽用スポンジ
●バスブラシ
●スプレーボトル
●歯ブラシ
●塩素系カビ取り洗剤

お風呂掃除のコツを汚れ別に紹介

汚れ別に掃除方法や洗剤や道具などが異なりますので、それぞれ詳しくご紹介します。

・水垢
水垢は、アルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤を使いましょう。市販の酸性洗剤でも良いですが、おすすめはクエン酸です。クエン酸を水に溶かしたものをスプレーボトルに入れて、水垢が気になる箇所にスプレーしてください。

軽い汚れであれば、スポンジでこすると汚れが落ちます。汚れがひどい場合は、クエン酸をスプレーした後、ラップでパックして1時間ほど放置しておきましょう。汚れが浮き上がってきますので、落ちやすくなります。

水垢を放っておいて、ウロコ状の頑固な汚れになってしまった場合は、水垢用の専用洗剤や専用スポンジが販売されていますので、そちらを使用することをおすすめします。ウロコ状になる前にこまめに掃除して、水垢を落とすのがポイントです。

・ピンク汚れ
ピンク汚れには、消毒用エタノールが効果的です。消毒用エタノールはドラッグストアで売っていますので、常備しておくと良いでしょう。消毒用エタノールをスプレーボトルに入れてスプレーし、スポンジでこすると簡単に汚れが落ちます。床のピンク汚れは、スプレー後にバスブラシでこすると良いでしょう。

・カビ
カビには、塩素系カビ取り洗剤を使用しましょう。直接吸い込んで、皮膚に付くと危険ですので、マスクとゴム手袋を装着して、十分に換気した上で使用してください。カビが発生している箇所に、塩素系カビ取り洗剤をスプレーして、15〜30分程度放置すると、カビが浮き出てきます。その後シャワーで洗い流すと、きれいに落とせます。壁などでは洗剤が流れてしまうため、スプレーをしたらキッチンペーパーなどを被せておくと汚れに浸透しやすくなります。

・皮脂汚れ
皮脂汚れは酸性なので、アルカリ性の洗剤を使いましょう。皮脂汚れには、重曹が効果的です。重曹を直接振りかけて、スポンジやバスブラシでこすると汚れが落ちます。粉の状態で使えない箇所には、水を加えてペースト状にすると使いやすいです。また、水で薄めてスプレーボトルに入れておいて、こまめにスプレーしておくと、皮脂汚れをこまめに掃除できます。

水のトラブルが発生した場合はみやざき水道職人へお電話ください

みやざき水道職人は、宮崎市、延岡市、都城市、えびの市、西都市など宮崎県のさまざまなエリアで、水回りのトラブルに対応しています。家中のさまざまな水のトラブルは、みやざき職人にお任せください。みやざき水道職人のプロスタッフが、すぐにお客さまところへ駆け付けて、水回りのトラブルを解決いたします。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315