宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » お風呂の排水口が詰まる原因とその対処法

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の排水口が詰まる原因とその対処法

2021年02月06日 お風呂のトラブル


お風呂の排水口が詰まる一番の原因は?

お風呂の排水口が詰まると流れが悪いといった支障にとどまらず、水が溢れ、しまいにお風呂場から洗面所や廊下へと溢れ出すトラブルにもなりかねません。
賃貸住宅などアパートやマンション住まいの場合、階下へと水が浸ってしまい、迷惑をかけることもあります。
こうなると賃貸住宅やマンションの階下の住人など巻き込んでの大きなトラブルとなり、大家さんや不動産管理会社なども総出で対処する事態になるので注意しなくてはなりません。

排水口の詰まりによる水あふれはある日突然起こることが多いですが、その原因は徐々に蓄積されています。
何より一番の原因は、日ごろお風呂場のお手入れやお掃除をしていないからです。
詰まりの原因は髪の毛や石鹸カス、皮脂汚れなどの蓄積がほとんど。
こうした汚れは日々お手入れをしていれば、詰まることはないため、最大のトラブル予防法は日々のお掃除です。

もっとも、忙しくて時間がない、面倒くさいとお手入れを怠っている方も少なくありません。
中には床や浴槽はお掃除しても、排水口の内部まで掃除することを知らずに放置してしまい、詰まりを引き起こす方もいます。

そこで、排水口の流れが悪いなと感じて、ちょっと溢れてきたかもといった場合にどう対処すればいいのか、主な原因とともに対処法を見ていきましょう。


一番多い詰まりの原因は髪の毛

お風呂の排水口の詰まりで一番多いのは実は髪の毛です。
お風呂場で洗髪をする際に髪が抜け落ち、掃除を怠っていると、どんどんヘアキャッチャーに蓄積されていきます。
お風呂に入る度にヘアキャッチャーから髪の毛を取り除けば、通常詰まることはありません。
ですが、ヘアキャッチャーの存在を知らずにずっと放置していたり、面倒だからとお手入れせずにいると、髪の毛に石鹸カスや皮脂汚れが混じり合い、雑菌なども繁殖してヘドロのような状態になってこびり付き、段々流れが悪い状態になっていきます。

排水口に水が入っていかずに逆流してくるとか、流れが悪いと感じたら、まずはヘアキャッチャーに詰まった髪の毛などのゴミを取り除きましょう。
長く掃除していないとヌメリや黒カビなども大量について詰まりの原因となっているので、ヘアキャッチャーとその下の封水筒や排水ピースなど排水口を構成しているパーツを一つずつきれいに掃除してください。
詰まっているのがこの部分であれば、お掃除をしっかり行えば詰まりは解消します。


石鹸カスやシャンプーカス

お風呂場では身体を洗ったり、洗髪をしたり、ヘアパックやヘアカラーをしたりします。
毎日の身体や髪のお手入れに用いる石鹸やシャンプー、コンディショナーなども詰まりの一因に。
通常は水やお湯で溶けて流れていきますが、固形石鹸を泡立てずに使って、石鹸の大きな固形物を流したりするとヘアキャッチャーなどの目を塞いでしまい、水の流れが悪い状態になります。

また、ヘアキャッチャーに詰まった髪の毛に石鹸カスやシャンプーカス、コンディショナーなどが付着していき、ヘドロ状になって詰まりの原因物質に発展するケースも少なくありません。
石鹸カス汚れはヘアキャッチャーもすり抜けて、排水管にこびり付き、水が流れるスペースを狭めていき、詰まりの原因になることもあります。

お手入れを怠って詰まってしまった場合、石鹸カスなどのアルカリ性の物質を溶かすには、酸性の洗剤で対処しましょう。
パイプユニッシュなどのパイプ洗浄剤を入れて30分程おいて、たっぷりのお湯で流せば、排水管までスッキリきれいになります。


皮脂や垢の蓄積

浴槽に入ったり、身体を洗うと身体に付いた皮脂や垢が自然と流れ落ちます。
浴槽のお湯を抜いたり、身体を洗っている間に皮脂や垢が排水口へと流れ、排水管の内壁にこびり付いていきます。
直ぐに詰まることはありませんが、時間とともに詰まりの原因へと成長していくため、予防対策として、定期的に排水管の洗浄を行いましょう。

パイプユニッシュはもちろん、皮脂や垢の汚れにはアルカリ性の重曹によるお手入れもおすすめです。
重曹を撒いてお酢を加えて化学反応させ、泡が発生したらそのまましばらくおき、たっぷりのお湯で流せば、スッキリします。


放置すると危険な固形物

ヘアキャッチャーが設置されているので、通常落とすことはないですが、シャンプーのキャップやカミソリの刃、詰め替え用のシャンプーやリンスの袋を切った端切れなどの固形物がヘアキャッチャーに落ちたり、それをすり抜けて排水管へと入り込むと詰まりの原因になります。

小さな固形物なら、それ単体で詰まるリスクはないものの、髪の毛や石鹸カス、皮脂汚れなどがそこに絡まっていき、詰まりの原因へと成長してしまうので注意が必要です。
ヘアキャッチャーより下に落ちた場合、まずは排水トラップに落ちているかもしれません。
排水トラップは排水管からの悪臭が排水口から逆流してこないよう、水たまりを作って悪臭を食い止める役割があります。

排水トラップに汚れやヘドロが蓄積していくと、排水トラップ内部の水たまりが、排水管に流れなる構造が働かなくなり、上へと溢れだしてきます。
そのままでは、どんどん汚水が溢れてきて、階下にも迷惑をかける虞があるので、早めの対処が必要です。


お風呂場の排水口の詰まりでお困りなら

みやざき水道職人は宮崎市、延岡市、都城市、日南市、日向市など宮崎県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
お風呂場の排水口から汚水が溢れ、もはや自分では対処できないとお困りなら、ぜひ気軽にみやざき水道職人にお問い合わせください。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315