【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 洗面所から水漏れ!専門業者に依頼した方が良いの? 自分で修理できるの?

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所から水漏れ!専門業者に依頼した方が良いの? 自分で修理できるの?

2021年03月25日 洗面所の水漏れ
洗面所から水漏れ!専門業者に依頼した方が良いの? 自分で修理できるの?
洗面所から水漏れしていると、どこから水漏れしているのか、何が原因なのか気になってしまうでしょう。
すぐに水道修理専門の業者に連絡しようとする人もいると思います。
ただ、水漏れしている場所や原因によっては、自分で修理できることもあります。
今回は、自分で修理が可能な「排水パイプからの水漏れ」について取り上げます。
水漏れの修理が初めての人も、知識だけでも付けておくと万が一の時に安心です。

排水パイプからの水漏れ

洗面台の下には「S字」や「P字」の排水トラップがあり、下水道から上がってくる悪臭や虫を防ぐために、常に水が溜められています。
ここには、大きなナットが取り付けられており、それが緩んでいると水漏れを起こしてしまいます。
この部分の水漏れを確認するために、バケツを排水パイプの下に置き水を流します。
水漏れが確認できたら、ナットの緩みかパッキンの劣化が原因だと考えられます。
まず、ナットが締まっているかチェックし、緩んでいたらしっかりと締めます。
それでも水漏れしていたらパッキンを新しいものに交換してください。

また、ナットにもパッキンにも問題がない場合は、排水パイプの中で詰まりを起こしているかもしれません。
この場合は、詰まりの原因物質を取り除くために、排水パイプを分解する必要もあります。

排水ホースが外れていることも

排水パイプではなく排水ホースが使われている洗面台もあります。
排水ホースは、床側にある塩ビ管に差し込まれていますが、収納スペースの物を取り出したり入れたりする時に、塩ビ管から出てしまうこともあります。
この場合も水漏れを起こしますが、塩ビ管に排水ホースを入れ直すだけで簡単に水漏れは解消します。
ただし、簡単に解消できるということは、逆のことを言えば「すぐに外れてしまう」とも言えます。
排水ホースが外れていないか定期的にチェックしたり、排水管の周りに収納物を置かないようにしたりすることで、排水ホースのズレによる水漏れを防止しましょう。

洗面器と排水パイプの接続部分の水漏れ

洗面器と排水パイプの接続部分にもパッキンが取り付けられています。
このパッキンが劣化すると、洗面台の下に水が漏れてきます。
ただ、洗面台の構造に詳しくない人や水漏れに慣れていない人は、水漏れの原因が排水パイプのナットからくるものなのか、洗面器と排水パイプのパッキンからくるものなのか、判断することはできないでしょう。

その場合は、洗面器と排水パイプの接続部分に乾いたタオルを当てて水を流してみます。
それでタオルが濡れている場合は、この部分のパッキンの劣化による水漏れが原因だと考えられます。
ホームセンターやネットショップで適切なパッキンを購入して、新しいものと交換すれば水漏れは解消されます。
パッキンを交換する際は、必ず最初に止水栓を閉めてから行いましょう。
それでも水漏れする場合は、パッキンがしっかりはまっているか、ナットが緩んでいないかを確認してください。

排水管の詰まりで水漏れしていることも

排水口に髪の毛やゴミ、石鹸カス、ヘアピンや子供のおもちゃなどの固形物などが流されると、排水管で詰まって水が逆流し水漏れが起きてしまいます。
特に、水を溜める部分のある排水トラップは構造上詰まりやすいので、こまめに掃除する必要があります。

・排水管の詰まりを除去するための掃除方法
排水トラップに「掃除口」が付いていると、それほど手間をかけずに掃除ができます。
掃除には、ゴム手袋、バケツ、排水トラップの中の汚れをかき出すための割り箸や針金ハンガーを用意しましょう。
ワイヤー式パイプクリーナーがあると効率的に掃除できるので、用意しておくと便利です。
掃除の手順は、掃除口の下にバケツを置き、掃除口を開けて排水トラップの中の汚れを割り箸や針金ハンガーでかき出します。
詰まりの原因を除去したら、蛇口を開けて水を流し、掃除口のフタを閉めて完了です。

・分解せずに詰まりを除去する方法
掃除口の付いていない場合は、排水トラップの部分を分解する必要があります。
しかし、排水設備の修理に慣れていない人が分解すると、元の状態に戻せなくなったり水漏れが悪化したりすることもあります。
まずは、分解せずに詰まりを除去する方法を試してみてください。
おすすめの方法としては「重曹とお酢(クエン酸)の化学反応を利用する」「ワイヤー式パイプクリーナーを排水口から入れる」「ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使う」などがあります。

自分ではできないと思ったら専門業者に相談

詰まりが原因で水漏れが起きていることがわかっていても、排水トラップよりも奥で詰まっている場合は、排水管と下水管の接続部まで分解しないといけないこともあります。
ここまでくると、自分で修理するのは難しくなります。
また、水漏れの原因がわかっていて自分で直せそうだと思っても、元に戻せなくなったり別のトラブルに発展したりすることもあります。
そのため、「自分ではできそうにない」と思ったら、無理をせずに専門業者に相談しましょう。

みやざき水道職人は宮崎市、日南市、都城市、小林市、日向市など宮崎県全域に対応し、水道の水漏れや詰まりといった水道トラブルに年中無休で駆けつけます。
高い技術力をもつ経験豊富なスタッフの適切な対応により、すぐに問題を解決いたします。水のトラブルで少しでも不安な場合は、みやざき水道職人へご相談ください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315