【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 洗面所の詰まりを放置しておくデメリット

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の詰まりを放置しておくデメリット

2021年06月18日 洗面所のメンテナンス


洗面所の排水溝がつまる原因とは

多くの家庭では洗面所の排水口のところに、ヘアキャッチャーを設置しています。
これは髪の毛を絡め取るためのアイテムですが、ヘアピンや歯ブラシなどを落とすのを防止するためにも役立ちます。
ヘアキャッチャーを置いていれば大きなゴミや固形物は落下しませんが、それでも汚れは溜まっていくのです。

たとえば加湿器の吐出口を見ると、真っ白い物質が付着しているでしょう。
これは水分中のミネラルが固まったものです。
水しか排出していないのに、汚れがついてしまうのです。
それが洗面所となれば、髪の毛や皮脂、石鹼カスなども流れていくでしょう。

ヘアキャッチャーを置いていても、髪の毛がまったく流れないわけではありません。
一部は穴を通り抜けて落ちていき、排水溝に留まってしまう場合があります。
キッチンやトイレ、浴室にも共通しますが、汚れを流すところは詰まるのが当たり前なのです。


排水管は少しずつ狭くなっていきます

排水管の内部を覗くことはできませんが、時間とともに着実に狭くなっていきます。
パイプユニッシュなどの薬品で洗浄した直後はきれいになりますが、再び汚れは溜まっていくのです。
家族が多いほど詰まりが発生しやすく、これは単純に流す汚れが多くなるからです。

洗面所には熱湯を流すことがあるはずですから、多少の汚れは溶けてしまいます。
しかし排水管を奥に進むにつれて湯温は下がっていくので、奥のほうは汚れが落ちにくくなっています。

パイプユニッシュを使用すれば、かなり深いところの汚れも落とせるでしょう。
1週間に1回の頻度でパイプユニッシュを使い洗浄すれば、頑固な詰まりが発生することはないはずです。
完全に詰まって水がほとんど流れない状態になると、水道修理業者を呼ばないと詰まりを解消できなくなる可能性があります。


排水口にモノを落としてしまったときは

汚れならばパイプユニッシュで溶かせますが、固形物を流したときは取り出すしかありません。
業務用の薬品を使用しても、ヘアピンなどの固形物は溶けないからです。

固形物が目に見えるところにあるならば、割りばしで取り出すという方法があります。
排水口の側壁はベトベトしているので、素手で触るのは好ましくありません。
手を入れるような場合は、薄手のビニール手袋を着用してください。

割りばしで取り出せそうにない場合は、ラバーカップを使用する方法があります。
ラバーカップがないときは、ペットボトルで代用するのもありです。
排水口にぴたっと密着するタイプのボトルを用意してください。

モノを落としたときに、勢いよく水を流すという対策は好ましくありません。
運よく流れていくことはありますが、失敗するとかなり奥のほうで詰まってしまうからです。
そうなるとラバーカップやペットボトルを使用しても取り出せなくなります。


排水口から嫌な臭いがするときは

ほぼ間違いなく汚れが蓄積しており、汚れから臭いが発しています。
重曹やパイプユニッシュを使えば汚れごと落とせますが、目に見えるところにこびり付いている汚れであれば、ストローで擦ってみるのもありです。
ストローに切れ目を入れておけば、排水口側壁の髪の毛を掻き出せます。

悪臭を放置しておくと、コバエが寄ってくるので注意してください。
ヌメリのある場所は雑菌が繁殖しており、コバエにとって絶好の居場所となっています。
下水の臭いがする場合は、排水トラップが故障している可能性があるので、自力で修理・交換をするか、水道修理業者を呼んでください。


詰まりが原因で設備が故障することも

ときに詰まりは設備の故障につながります。
たとえば固形物が詰まったとき、繰り返しラバーカップを使用したとします。
ラバーカップは詰まり解消の定番グッズですが、慣れていない人が扱うと排水管を傷めることがあるのです。
最悪のケースでは排水管が故障し、交換する必要性が出てきます。
排水管はいずれ故障するものですが、ラバーカップを頻繁に使用する家庭だと故障の時期が早まる可能性があります。

だからといって詰まりを放置しておくと、詰まりの部分に負担がかかるのです。
水道のホースを指で押さえると、その部分に多くの水圧がかかるでしょう。
排水管の場合も同じく、詰まった部分は故障しやすく、水漏れの原因になることがあります。
浅い場所での詰まりなら直し方は豊富にありますが、奥に進行していくと自力では対処できません。

洗面所詰まりを自分で直せないときは、思い切って水道修理業者を呼びましょう。
まだ詰まりがそれほど奥に進んでいないのであれば、低料金で修理できる可能性が高いです。
詰まりが奥に行くほど難易度は上がるため、料金は高額になってしまいます。

みやざき水道職人は水の専門家です。
宮崎市、都城市、延岡市、日向市、日南市といった宮崎県全域を活動エリアとしています。
洗面所やトイレ、キッチン、浴室の詰まり・水漏れ修理の経験が豊富にありますので水のことなら、みやざき水道職人におまかせください。
お客様の満足度を最優先したサービスには定評があります。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315