【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » キッチンの流し台が詰まったときはどうすれば良いの?

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの流し台が詰まったときはどうすれば良いの?

2021年06月18日 キッチンのトラブル


キッチンの流しの詰まりの原因

キッチンの流し台の排水口が、どういうわけか流れにくいことはないでしょうか。
水の流れが悪かったり逆流したりするときは、排水トラップや排水管にて詰まりの症状が起こっている可能性が高いです。

流し台は調理や洗い物をする場所であり、食材をカットした屑や食べカス、油といったさまざまな物を流してしまうことがあります。

毎日の食器洗いで使う洗剤でさえも、排水管にこびり付くとヌメリ化するでしょう。
うっかりフォークやスプーンといった大きな固形物を排水口に落とすと、そのまま流れていってしまいます。
このように流した物が積もり積もって、詰まりが生じる原因となるのです。

流し台の詰まりに関しては、どの箇所でどの程度詰まっているのかが解決のポイントになります。
排水口に近い部分で軽度の詰まりであれば、自分で処置して直せるでしょう。
しかしながら排水管の奥底で大きな詰まりがある場合は、そう簡単には詰まりは解消しません。
流れにくくなったのを放置しておくと尚のこと、修理が大変になるので要注意です。


特に気を付けたい油汚れ

天ぷらや唐揚げを揚げた後の油はどうしていますか?
少しくらい良いだろうと、そのまま排水口へと流している人もいるのではないでしょうか。
油は固形物ではないので流しても問題ないと考えがちかもしれません。

しかしながら油はヌメリがあるので排水管にこびり付きます。
その上吸着力もあるので、食べカスがゴミ等ほかの物も油に引っ付いてしまいます。
その結果どんどん排水管に異物が付着してしまい、大きな詰まりを起こしてしまうのです。

料理で油を使うことは多いですが、処分の仕方については考えなくてはいけません。
ホームセンター等で油を固める便利なグッズも販売されています。
それを使えば使用後の油も、ゴミの日に処分できます。
少しの油であれば、ティッシュで拭き取れば良いでしょう。
詰まりの予防策として、油を排水口に流すことは極力避けたいものです。


市販のパイプ洗浄剤を使った掃除のやり方

軽度の詰まりであれば、市販のパイプクリーナーを駆使して掃除すれば改善されます。
よく使われる物は、重曹やピーピースルーです。
重曹はクエン酸を加えることで、さらに効果が増します。
重曹とお湯とクエン酸の割合は2:2:1が理想ですが、そこまで細かく測らなくても大丈夫です。
ただし、重曹の量が多過ぎると反対に排水管内が重曹の粉で詰まることもあるので気を付けましょう。

排水口に重曹を一振りして、その上にクエン酸を掛けます。
重曹とクエン酸が混じると炭酸ガスが発生し、詰まりの原因となっている油分や洗剤カス等を溶かせるのです。
30分ほどそのまま放置して、その後ぬるま湯で洗い流せば終了です。
ピーピースルーも同じく、排水口に振りかけて使います。
市販のパイプクリーナーで解決すれば修繕料金も安く済みます。


ラバーカップでの対処法

重曹やピーピースルーで排水口を洗浄した後に、ラバーカップを使用することで詰まりを解消できるケースも多いです。

まず流し台のシンクに水を溜めます。
そして排水管の入り口にカップ部分をしっかりと当てて、その部分を水没させましょう。
カップの中に空気が入らないようにした状態で、一気に引き抜きます。
押し込むのではなく引き上げる感じです。
そうするとラバーカップの圧力がかかり、ゴボッと一気に水流が良くなります。

ラバーカップで解決できるのは、詰まりが比較的排水口に近い場合です。
また油汚れ等の塊が大きくなっていると、ラバーカップで圧を掛けてもどうしようもないケースも見られます。


普段からできる詰まりの予防方法

流し台を詰まらせないための簡単な予防策は、排水トラップにネットを装着することです。
ネットはステンレス製や粘着ネット等いろいろな種類があります。
ネットが食べカスや石鹼屑、食材等をキャッチしてくれて排水口から流れ落ちずに済みます。
うっかりスプーン等を流してしまうこともないでしょう。

そして普段からこまめに、パイプクリーナーでの掃除を行うことも大切です。
ヌメリやカビも、掃除することで流れ落ちてくれます。
何となく水の流れが悪くなったと感じたときに洗浄するように習慣付けると良いでしょう。


どうしようもない詰まりは業者依頼が安心

洗浄掃除をしてラバーカップで引き上げても、流し台の詰まりがまったく解消しないときもあります。
その場合は配管の奥底で詰まりが生じている可能性もありますし、ほかに何らかの原因が隠れているかもしれません。
状態がひどくなる前に、水回りの専門業者に依頼することが早期解決につながります。

みやざき水道職人では、宮崎市をはじめ延岡市や都城市、小林市や串間市など宮崎県全域にて水回りトラブルの対応をしています。

上記のようなキッチンの流し台以外にも、トイレやお風呂が詰まることもあるでしょう。
詰まりだけでなく水漏れや逆流等さまざまな水回りのトラブルについて、迅速丁寧に対処いたします。
知識と技術を誇るスタッフが伺うので、安心してお任せください。
水回りのお悩みや問題は、みやざき水道職人にご相談いただくと安心です。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315