【水道局指定工事店】宮崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 洗面台をピカピカに!自分でできる簡単なお掃除法を徹底解説

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面台をピカピカに!自分でできる簡単なお掃除法を徹底解説

2021年07月21日 洗面所の掃除


洗面台に付く汚れの種類は?

一言に洗面台の汚れといっても、いくつかの種類があります。

・水垢
蛇口や鏡に白い鱗状の汚れがついていたら、それは「水垢」です。水垢は、水道水に含まれているミネラルやカルシウムが残って固まったものなので、洗面台の陶器がザラザラしている場合も、水垢の汚れと思って良いでしょう。掃除をさぼるとすぐ目に付くようになる水垢ですが、きちんと掃除をしていても洗面所や鏡に残った水滴が蒸発すると水垢になってしまいます。洗面台を使用したら、こまめに水分を拭く習慣をつけると汚れを予防できます。

・赤カビ
一般的に赤カビと呼ばれている汚れは、ロドトルラという酵母菌です。カビとは違い、こするとすぐに落ちますが、繁殖力が強いのですぐに発生してしまう厄介なものです。この赤カビを放置していると、今度は本物の黒カビになり、アレルギーなどの原因となります。そのため、赤カビを見つけたら、完全に死滅させることが大切です。

・黒ずみ
黒ずみは、空気中のカビ菌が洗面台に付着して繁殖したものです。また、洗面台と壁の接着部分やタイルの目地などに付きやすく、少し掃除をさぼっただけで、どんどん広がってしまいます。洗面台やお風呂場に残っている石鹸、皮脂などのカスを栄養源にして繁殖する黒ずみが、水垢と結合してしまうと落とすのが大変になります。

・油汚れ
手垢や化粧品に含まれている油も汚れの原因となります。手垢は、主に皮膚から分泌される汗や皮脂の成分なので、指や手のひらが触れた場所につき、時間が経つと水分が蒸発して、跡になります。洗面所の鏡に付いた手のひらの跡を思い浮かべると良いでしょう。この手垢などの油汚れは、付くことを防ぐよりもこまめに拭き取ることが大切です。

洗面台のパーツごとのお掃除方法

それでは、パーツごとにお掃除方法を解説します。まず、洗面台の掃除は、上から下が基本です。そのため最初は、鏡を掃除することから始めます。

・鏡掃除
鏡は、重曹スプレーを吹き付けて布巾などで拭き取るだけです。水垢が付着している場合は、酸性のクエン酸スプレーを吹き付けて、布巾で拭き取ります。留め金などの細かいところは、クエン酸スプレーを吹きかけて、いらなくなった歯ブラシなどで磨いていきます。水垢がしっかりついてしまった鏡は、クエン酸を吹き付けてからラップを貼り、1時間ほど放置してから水拭きと乾拭きをします。

・蛇口
毎日、触るものなので汚れが目立ってしまう蛇口は、重曹スプレーを吹き付けてからスポンジで磨き、水で洗い流します。最後に布巾で水分を拭き取れば終了です。スポンジで磨くときに、力を入れ過ぎると傷をつけてしまうことがあります。汚れが気になる場合は、重曹スプレーを吹き付けて1時間ほど置いてからスポンジで磨いてみましょう。

・排水口
まず、排水口についたホコリや髪の毛を、歯ブラシなどで取り除きます。その後、粉のままの重層を1カップ、排水口に振りかけてから、1カップのお湯に小さじ2杯のクエン酸を混ぜたものを重曹の上にかけます。ブクブクと泡が出てくるので、そのまま30分ほど放置したら、お湯をかけて汚れを流しましょう。残った汚れは、先ほど使用した歯ブラシなどでこすり落とします。

・洗面ボウル
最後は洗面ボウルです。洗面ボウルは、クエン酸スプレーを吹きかけてから、メラニンスポンジで磨きます。オーバーフロー部分も汚れが付着しているので、歯ブラシなどできれいにこすり取りましょう。乾いた布巾などで水分を拭き取って終了です。ここで注意したいのは、研磨剤が含まれたメラニンスポンジを使用すると、コーティングが剥がボウル内が傷ついてしまうので、なるべく柔らかいスポンジを使用することです。

クエン酸スプレーと重曹スプレーの作り方

洗面台を掃除するときに大活躍のクエン酸スプレーと重曹スプレーの作り方を紹介します。

・クエン酸スプレー
水もしくは42℃前後のお湯を100mlとクエン酸小さじ1/2を用意します。スプレー容器にクエン酸と水を入れてよく混ぜたら完成です。ここで注意したいのは、1回で使い切る分だけを作ることです。また、クエン酸は、天然の大理石やアルミに使用すると傷つけてしまうことがあるので使わないようにしましょう。

・重曹スプレー
水もしくは42℃前後のお湯を100mlと重曹小さじ1杯を用意します。スプレー容器に重曹と水を入れてよく混ぜたら完成です。クエン酸と同様に一度に使い切れるだけの量を作るようにしましょう。また、重曹は、畳などの天然素材や水回りの掃除には向いていません。

クエン酸は、アルカリ性の汚れに強いので、蛇口周りや鏡の掃除に最適です。重曹は、弱アルカリ性なので、酸性の皮脂や油汚れを掃除するときにピッタリです。また、重曹とクエン酸は、消臭効果があるので排水口の臭いを解消する効果もあります。

洗面台の汚れを予防するには?

シリコン入りのコンディショナーを乾いた布巾に含ませて、洗面ボウルに塗布することで、シリコンが洗面台を保護してくれます。また、鏡は、曇り止めをスプレーしておけば、水垢が付着するのをある程度防ぎます。

洗面台を掃除するときに注意すること

洗面台を掃除するときは、とにかく強くこすらないことを意識しましょう。たしかに、こびりついた汚れを落とそうと思うと、つい強くこすってしまいますが、力を入れ過ぎると、洗面台や蛇口などに傷がついてしまうので注意が必要です。傷がつくと、さらに汚れがつきやすくなってしまいます。

洗面所でお困りのときはみやざき水道職人へお電話ください

洗面所の水回りでお困りの際は、お気軽にみやざき水道職人へ、お電話ください。みやざき水道職人は、宮崎市や日南市、都城市、延岡市、北諸県郡三股町、西諸県郡高原町を始め、宮崎県のさまざまなエリアで水のトラブルを解決しているプロ集団です。どんな些細なトラブルでも、みやざき水道職人のプロスタッフがお客様のもとに駆け付け、迅速に対応します。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315