【水道局指定工事店】宮崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » お風呂の水漏れトラブルに対処する際に気を付けるべき点とは?

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の水漏れトラブルに対処する際に気を付けるべき点とは?

2021年12月07日 お風呂のトラブル


突然起こるお風呂の水漏れトラブル。お風呂を長年使用していると、どの家庭でも遭遇する可能性があります。

ただ、頻繁に起きることではないのでどのように対処して良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。いざという時に慌てないよう、ある程度の対処法を頭に入れておくとスムーズです。

お風呂の水漏れ箇所ごとの原因と対処法


お風呂の水漏れが発生した時、まずは原因を確認する必要があります。発生箇所別に確認していきましょう。

まず「浴槽」です。浴槽の水漏れは、どこから発生しているのでしょうか。それは水位と水の流れで確認する事ができます。

浴槽に水を張り、一定の水位から水が増えなければその周辺にひび割れなどがあるでしょう。浴槽に水がたまらないという場合には、ゴム栓などの排水栓や排水溝のトラブルも考えられます。

また、水を張った浴槽に物を浮かべて流れを確認することで水漏れが起こっている箇所を見つける事もできます。浮かべた物が引き寄せられた場所がトラブルの発生箇所となります。

浴槽のひび割れなどが軽度な場合は補修材などを使って応急処置もできますが、基本的には浴槽の交換は自力ではできないような修理なので専門業者へ相談しましょう。

次に「給湯器」のトラブルによって浴槽から水漏れが起こる場合があります。この場合は素人で原因を特定することや分解作業などが非常に難しいため、はじめから業者へ依頼することをおすすめします。

そして「床下・壁」からの水漏れです。こちらは早急に業者へ相談しなければなりません。経年劣化や床下や壁の内側にある配管やパイプの破損が原因と考えられ、シリコンやコーキング箇所が劣化し水が滲み出てしまっているという状態です。

それによって、床や柱が腐食してしまうとシロアリの発生も考えられます。被害が拡大する前に対処する必要があります。

また、お風呂の水漏れの原因として多いのが「蛇口」です。他のケースよりも発見しやすいので、修理も部品交換だけで済む場合があります。

しかし蛇口の種類もいくつかあり、原因箇所も異なるため確認しなくてはなりません。蛇口からの水漏れの原因としてはパッキンやバルブの破損や劣化が多く、基本的に交換すれば対処することができます。

また水漏れとは異なりますが、「換気扇」の内部に蒸気が溜まって水滴がついてしまうという場合もあります。換気扇の内部に水が溜まってしまうとサビの原因にもなります。使用を控えて乾燥させたり、換気扇を取り外して掃除をしたりすると改善する場合があります。

また換気扇の寿命は10〜15年と言われています。これよりも長く使用している場合は換気扇の交換を考えた方が良いかもしれません。

お風呂の水漏れトラブルに対処する際に気を付けるべき点


お風呂などの水漏れトラブルが起きた際、費用をかけるのを渋って業者に相談せず自身で対処しようと考える方が多いです。

水漏れトラブルを対処するには、その原因を特定する必要があります。ただ素人では判断がつきにくいため、しっかりと特定するには限界があります。

特定する事ができても、対処するためには部品や道具が必要となります。そのためスムーズに行かなかったり、失敗して逆に悪化させてしまったりということがあります。

結果、通常よりも時間と費用がかかってしまうかもしれません。自身で対処する内容としては、原因が明らかなパッキンや部品の交換程度の簡単な作業で済むものだけに留め、対処が難しいと判断した場合は業者に相談するのが無難ではないでしょうか。

事前にお風呂の水漏れトラブルの予防策を知っておこう!


日常的に水回りの使い方を少し気にかけるだけでも、十分に水漏れ予防になります。

たとえば、お風呂を張る際に湯船から溢れないようにしたり、排水溝に石鹸カスや髪の毛が詰まったりしないようこまめに掃除をしましょう。

蛇口は固く締めないようにしてパッキンや部品の破損や劣化を防いだり、浴室のタイルを綺麗に保ってシリコン・ゴム部分の劣化を防いだりします。

ほかにも、カビが生えないように浴室をこまめに換気したりなどといった対策があります。

どれも比較的簡単に実践できることなので、普段からこれらを気にしながら過ごしていれば浴室の水漏れを回避する事ができるかもしれません。余裕のある時に試してみるのをおすすめします。

まとめ


急に起きると困ってしまうお風呂の水漏れトラブル。トラブルが起きてしまう前に浴室のメンテナンスを定期的に行うことが重要です。口のパッキンや浴槽などの破損や劣化がないかを確認したり、明らかに古くなっている部品を速やかに交換したり対応しましょう。

不具合が生じていなくても、長期間の点検がないのであれば急なトラブルの原因となる可能性は大いにあります。定期的に業者へ相談するのも対策となるでしょう。

業者の中には、浴室のハウスクリーニングを請け負っているところもあります。自分では掃除が行き届かない箇所のメンテナンスを依頼するのもおすすめです。普段なかなか気づけなかったトラブルを発見できるきっかけになるかもしれません。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315