【水道局指定工事店】宮崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 台所の排水溝が流れないのはトラップのせい?トラップの構造を知っておこう

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所の排水溝が流れないのはトラップのせい?トラップの構造を知っておこう

2021年12月09日 キッチンのメンテナンス


「排水溝を掃除したばっかりなのに、またすぐ詰まってしまう」という悩みをお持ちの方は少なくありません。台所の排水溝が流れないのは、もしかするとトラップに原因があるかもしれません。

この記事では、排水トラップの構造や排水溝つまりの解消法をご紹介します。ぜひお役立てください。

排水トラップの具体的な構造


排水トラップには、ワントラップ・Sトラップ・Pトラップという3種類あり、これらは水の通り道が曲がりくねった構造となっています。このような構造になっているのは、配管の曲がった部分に一定量の水を溜めるためです。溜まった水は、下水から上がってくる悪臭・ガス・害虫・害獣を防ぐ役割を果たしています。

ワントラップは、一般的な排水トラップです。排水管にお椀をかぶせ、蓋をしたような構造をしています。ワントラップは、お椀型の部分を外して自分で掃除することも可能。掃除を怠ると、汚れが蓄積して流れが悪くなってしまうので注意しましょう。

排水トラップの曲がった部分の形状がそれぞれS字と、P字になるものを、 Sトラップ・Pトラップと言います。排水溝が小さいキッチンの配管では、これらが用いられている場合もあります。排水管自体が細く、曲がりくねった構造でできているので、つまりを起こしやすいでしょう。

台所の排水溝が流れなくなる原因になりうるNG行動


ここで、台所の排水溝の流れが悪くなる行動を3つ取り上げます。

・油をそのまま流す
1つ目は、油をそのまま流すことです。油汚れは、排水溝を詰まらせる大きな原因の一つです。流れた油が、排水管の中で冷えて固まると、排水経路を塞いでしまうのです。

そのため、調理した後の油分や食器についた油は、なるべく拭き取ってから洗うようにしましょう。

・食べ物カスなどを流す
2つ目は、ゴミ受けネット等を使用していないことです。食べ物カスなどをそのまま流してしまうことで、排水溝つまりが起こるケースも少なくありません。

細かい食材は、排水溝に設置されているゴミ受けカゴの隙間から流れてしまい、排水トラップでつまることもあるでしょう。カゴの目が粗く、ゴミをキャッチできない場合は、細かいタイプのものに変えるか、細かい目の網ネットをつけることをおすすめします。

・フォークやスプーンなどを排水溝へ落としてしまう
3つ目は、固形物を流してしまうことです。排水溝の掃除をする時、まずゴミ受けカゴと排水トラップを外しますが、その際フォークやスプーン、容器などを落とさないように注意しましょう。

それら固形物を落としてしまうと、自分で取ることが難しく、つまりを悪化させる場合もあります。自分で対処が難しい場合は、早めに業者を呼びましょう。

台所の排水溝つまりの解消方法


台所の排水溝がつまってしまった場合、どのように解消したらよいのでしょうか。ここでは、4つの方法を紹介します。

・パイプ洗浄剤を使う
1つ目は、パイプ洗浄剤を使う方法です。手軽に排水溝つまりを解消できる方法になります。

まずは使用方法に従って、洗浄剤を排水溝に入れて時間を置きます。その後、時間が経ったら水を勢いよく流していくだけです。強い薬品なので、扱う際には肌につかないように気をつけましょう。排水管内のヌメリやつまりを改善し、嫌な臭いを防いでくれます。

しかし、つまりの状態によっては、完全に解消させるのが難しい場合も。つまり対策として、定期的に使用することをおすすめします。

・ラバーカップを使う
2つ目は、ラバーカップを使用する方法です。トイレのつまりでお馴染みのラバーカップですが、それと同じ仕組みで排水溝のつまりにも使用できるのです。

しかし、重度のつまりの場合にはラバーカップでは対応できません。

・ワイヤーブラシ、トーラーを使用する
3つ目は、ワイヤーブラシやトーラーを使用する方法です。排水管の奥の部分につまりが起こっている場合は、ワイヤーブラシを使用することで解消できるケースがあります。

ワイヤーブラシは、長いワイヤーの先にブラシが付いた構造で、物理的につまりをかき出します。つまりが重症化している時におすすめです。

ちなみに、ワイヤーブラシをさらに強力にしたものがトーラーで、強力なつまりに使用されることが多いです。

・高圧洗浄機を使う
4つ目は、高圧洗浄機を使用する方法です。つまり予防のため、水道業者は高圧洗浄機を用いることがあります。家庭用の高圧洗浄機でも、専用のノズルをつけて排水管内を洗浄することは可能です。

しかし、曲がりくねった配管の形状のせいで、ノズルを奥に入れられなかったり、無理矢理入れて抜けなくなったりするトラブルが生じ得ます。つまりがひどい場合は、水道業者に依頼することをおすすめします。

まとめ


水の通り道が曲がりくねった構造になっている排水トラップ。曲がった部分に一定量の水を溜め、悪臭や害虫の侵入を防いでいます。

構造上つまりを起こしやすい排水トラップですが、油をそのまま流したり、ゴミ受けカゴを使用しなかったりすると、よりつまりを起こす可能性を高めてしまいます。油を拭き取って洗ったり、サイズの合ったゴミ受けネットを使用するなどして、排水溝をつまらせないように気を付けましょう。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315