【水道局指定工事店】宮崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » キッチンの排水口がつまりを繰り返す!スムーズに流れるようにする方法

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの排水口がつまりを繰り返す!スムーズに流れるようにする方法

2022年05月29日 キッチン

キッチンでは排水口でのトラブルが発生しがちです。

「何度も対策しているのに、排水口が繰り返してつまる…」と悩んでいる人は主婦さんも多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではつまりの原因や対策を紹介します。
つまりがなかなか直らないときの対策も合わせて解説するので、最後までご覧ください。

台所の排水口がつまってしまう原因は?


朝昼晩と料理をする機会が多いキッチンでは、つまりが原因で水の流れが悪くなることがあります。

排水口につまりがあると、シンクに水が溜まり、料理や皿洗いが進まないこともあるでしょう。見た目にも汚く、衛生面が心配ですよね。

まずは、台所の排水口がつまってしまう原因を見ていきましょう。

食材の残り物がつまりの原因
よくあるつまりの原因として、食材の残り物が挙げられます。料理中は、どうしても捨てる食材が出てしまいますよね。

もちろん、生ごみとして正しく処理したいものですが、気がついたら排水口まで流れてしまっていることもあるでしょう。排水口のなかに落ちてしまうと、食材が邪魔になり、水がうまく流れません。



料理中に出た残り物は排水口ネットなどを利用して、しっかり処理することが大切です。

食品油が原因でつまり
油を排水口に流す際には要注意です。

排水口にそのまま流すと油が付着してつまりを引き起こす原因になります。

油は排水口に流さずにキッチンペーパーで拭き取るようにしましょう。フライパンや鍋などについた油はキッチンペーパーでしっかり染み込ませます。

拭き取ったら、そのまま燃えるゴミとして捨てましょう。油を拭き取れた調理器具はそのまま洗って構いません。

台所の排水口つまりの解決法


排水口に何かものがつまり、水などの流れが悪くなった場合には、残りカスを取り除くなど対処しましょう。

汚れがひどい場合には、パイプクリーナーが効果的です。

ゴミ受けの残り物を全て除去する
まずは、排水口にあるゴミ受けの残り物をすべて捨てましょう。

ゴミ受けには多くの残り物が溜まりがちです。家庭によっては1日の中で何回も料理することもあり、気づかない間に蓄積されます。

ある程度溜まっていたら処理していきましょう。

タオルを使ってつまりを解消
料理中にもし水の流れが悪いと気がついたときはタオルを使って、つまりを解消しましょう。

つまりを起こしている排水口にタオルを突っ込んで、引き抜くとかんたんに水の流れが良くなります。

まずはタオルを用意しましょう。タオルは汚れて良いものを用意して、つまりがある排水口に詰め込みます。栓をするように入れていくのがポイントです。

そのあとはシンクにお湯を張ります。大体6割程度のお湯を貯め込むと良いでしょう。湯気が出る程度に十分に溜めていき、そのあとに一気にタオルを引き抜きます。

タオルが抜けると、貯まったお湯が排水口から流れていき、つまりの原因である油や残りカスが取れていきます。お湯がすべて流れたあとに、つまりがないことを確認しましょう。

水の流れが良くなれば解消は成功です。貯め込むお湯は高温が良いでしょう。高くても80度前後がベストです。ぜひ一度お試しください。

市販のパイプクリーナーを使って解消する
残りカスやタオルを使ったものの、それでもつまりが続く場合には、パイプクリーナーを使用しましょう。パイプクリーナーはホームセンターやドラッグストアなどで購入できます。

パイプクリーナーを使用する前に、まずは容器を温めましょう。ぬるま湯に容器ごと入れて、パイプクリーナーをあたためると、つまりの原因である付着物を取りやすくなります。

次に、ぬるま湯から取り出して、排水口に向けて液体を流し込みます。つまりの原因がわかる箇所を重点的に流すのがポイントです。

十分に流し込めたら、約1時間、放置しましょう。付着物に浸透して取りやすくなるので、しっかり時間を置きます。

時間が経過したら、お湯で流します。
お湯がスムーズに流れれば、排水管に付着していた油が流れたということです。

パイプクリーナーによってはお湯で温められないと注意書きがあるかもしれません。ラベルをよく確認して使用しましょう。

台所の排水口つまりをあらかじめ防ぐには?


キッチンのつまりは未然に防ぎたいものです。

日頃からできるかんたんな方法で台所の排水口のつまりを防げます。
予防のポイントは食べ物を排水口に流さないことです。

ここでは、料理中に出た食材のゴミを効率よく捨てる方法を紹介します。


三角コーナーに食べ物を捨てる
料理中に不要になった生ごみをそのまま排水口に流すと、つまりの原因になります。生ごみとして処理するものは、流さずに三角コーナーに捨てましょう。

食べ物を流す際には必ず三角コーナーで行うと習慣づけが大切です。
三角コーナーはさまざまなタイプのものが売られています。台所のシンクに合った三角コーナーを選んで、試してみましょう。
もし生ごみが溜まったらすぐに別のゴミ箱へ処理しましょう。せっかく三角コーナーを利用してもあふれてしまったら意味がありません。

清潔な環境づくりも大切なので、台所周りは綺麗にしましょう。

フライパンの油はキッチンペーパーで拭く
繰り返しになりますが、油はしっかり処理しないと、つまりの原因になってしまいます。

そのため使った油はキッチンペーパーで拭き取って、つまりの原因を作らないようにしましょう。

油を排水口に流すと、排水管に油が付着し、酸化して固まってしまいます。塊になった油は、お湯やパイプクリーナーなどでしか流せないため、とても厄介です。

油を排水口に流さないためにも、使用後はキッチンペーパーなどに染み込ませて、燃えるゴミとして出しましょう。

揚げ物などで利用した油は、牛乳パックに不要な紙などを詰め込み、そこに流し入れます。タオルに油が染み込み、牛乳パックごと捨てられるためとても便利です。こうした工夫を行い、油はしっかり処理しましょう。

自力で台所のつまりが解消できない時


「いろいろ解消法を試したけど、全然つまりが直らない」とお困りの方もいるかもしれません。排水管のつまりなどは自分で修理などができないため、専門業者への依頼が必要です。

また、指輪など大切なものが流れてしまった場合にも、業者へお願いしましょう。
台所回りのつまりは水道業者が対応してくれます。

つまりの発生している部分によって料金が変わるので、まずは事前に大まかな費用相場を把握しましょう。

ここでは、つまり修理にかかる費用相場を解説します。

異物が原因でのつまり 1万円以下
異物を流してしまったことが原因のつまりには、およそ7,000~10,000円がかかります。
即日対応も可能なところもあるので、まずは専門業者に相談してみましょう。

高圧ポンプで処理 2~7万円程度
排水口が酸化した油などでひどい汚れの場合には、高圧ポンプで処理する必要があります。

水圧で処理するため、頑固な汚れもすぐに落とせるのがメリットです。高圧ポンプは扱いに注意があるので、専門スタッフがしっかり対応してくれます。

高圧ポンプでつまり解消処理を行う場合の費用は、2~7万程度と考えましょう。つまりを起こしている場所によっても料金が異なります。

油や滑りなども取れるため、処理後は快適に台所を利用できます。掃除の一環として頼むのも良いでしょう。

まとめ


今回は、キッチンの排水口のつまりやその解消法を紹介しました。

毎日の料理の中で、生ごみとして処理するものはどうしても出てしまいます。残り物は排水口に捨てずに、生ごみとして三角コーナーなどに流しましょう。

三角コーナーに溜まったゴミも、すぐに生ごみとして別のゴミ箱に入れておくのが大切です。そのままにしておくのは衛生のうえで良くありません。清潔な環境を保つことが、つまりを解消するコツです。

日々のちょっとした工夫でつまりを未然に防げます。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315