【水道局指定工事店】宮崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 洗面台のつまり原因別の解消方法や業者選びのコツを解説!

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面台のつまり原因別の解消方法や業者選びのコツを解説!

2022年12月24日 洗面所のトラブル


毎日使用する洗面台は、忙しくてなかなか掃除している時間が取れない方も多いのではないでしょうか。しかし、掃除を怠るとつまりを起こし水が溢れだす可能性もあります。

そこでこの記事では、つまりの原因やその解消法をご紹介致します。試しても解消されない場合は優良業者へ依頼するのが一番ですが、どの業者を選べばよいのかという疑問点もこの記事で解決させます。ぜひ参考にしてください。

洗面台のつまり原因と見分け方


まずは原因になってしまうものを確認していきましょう。毎日使用しているものが原因になっている場合が多いのです。その他、こんなものまでと頭を抱えてしまう原因もありますので、注意しておきましょう。

髪の毛やゴミがつまっている
毎日洗顔や身だしなみを整える場所であるため、髪の毛やゴミが溜まりやすいのです。髪の毛はクシに絡まるだけでなく、台の中にも落ちています。また、服についた細かいゴミなども一緒に流され、蓄積され原因になっているのです。

石鹸カスやヌメリが発生
洗顔フォームやハンドウォッシュも原因になっています。石鹸は、温かいお湯で排水口へ流されたあと、冷えて固まります。これが排水管にこびりついて、原因になるのです。また洗顔した際にでる顔の汚れも蓄積されて、ヌメリを発生させます。

ヘアピンなどの固形物がつまっている
案外気がつかないのが、ヘアピンやピアスなどの固形物を流してしまうことです。女性は洗顔をする際、ヘアピンで髪の毛をとめて洗うことが多くあります。それを洗顔フォームと一緒に誤って流してしまうケースも多いのです。

下水管のつまり
完全に水が排水口へ流れなくなったり、使用していないほかの排水口から、水が逆流してくる場合は下水管のつまりを疑いましょう。洗面台下の排水管がつまっているのであれば、他から逆流することはあまりありません。

自分でできるつまり解消方法


では突然、洗面台がつまりを起こしたらどのように対処すれば良いのでしょうか。まずは落ち着いて解消法を考えてみましょう。ここでは、代表的な解消法をご紹介します。自宅にあるものや、自分が使いやすいと感じたものを使用してください。

使い方も合わせて説明していきますので、参考にしてみてください。また、解消法を実行する前には、排水口のゴミキャッチャーに溜まったゴミや、髪の毛を取り除いてから行うようにしてみましょう。

パイプクリーナなどの薬剤を使う
髪の毛やヌメリが原因であれば、溶かす方法が一番効果的です。初期段階であれば重曹やクエン酸なども効果がありますが、ある程度つまってしまうとあまり効果は発揮されません。

その場合は、市販のパイプクリーナーを使用することがおすすめです。ヌメリや髪の毛を一発で溶かしてくれるため、つまりを素早く解消できます。ホームセンターなどで購入できますが、薬剤が強いものもあるため換気は必ずおこないましょう。

ラバーカップを使ってみる
ラバーカップは、真空状態にして汚れを引き出し流す仕組みです。トイレでよく使われますが、トイレ用と洗面台用では形状が異なります。購入する前に確認を行いましょう。使い方はカップのゴム部が、水に浸かるまで洗面台に水を溜めます。

そのあとゴム部を排水口に押し当て、ゆっくりと空気を抜くような感じで押し込みます。あとは勢いよくカップを引き抜いてください。この作業を水がスムーズに流れるまで、くり返しおこなってください。

クリーニングブラシをつかう
クリーニングブラシとは、長いやわらかな金属製のホースにブラシがついている道具です。ワイヤーブラシとも言われているので、耳にしたこともあるのではないでしょうか。

このブラシを排水口に入れて汚れをかき出します。手の届かない排水管の内側が掃除できるアイテムなので、奥につまった汚れを落とすのにはおすすめな方法です。

原因が分からなければ業者に調査を依頼
つまっている原因がどうしても分からない場合は、専門業者に調査を依頼することも解決策のひとつです。専門業者は、専門的な知識や目に見えない箇所を確認できる道具を使用して調査をおこないます。

調査により、つまっている箇所や原因を特定したうえで見積りをだしてくれる業者がほとんどです。会社によっては、調査費用を無料でおこなってくれるところもあるため、不安な方はあらかじめ無料で調査してくれる業者を調べておきましょう。

つまりを解消してくれる業者選びのコツ


業者選びは信頼性と実績のある企業を選ぶことがコツになります。ホームページなどで確認してみましょう。ここで注意しておきたい点は、安すぎる業者です。いくつか調べたうえで、料金設定が相場範囲内で選ぶことをおすすめします。

記載されてある料金が安すぎる業者では、追加料金や工事費用を上乗せして相場より高くなってしまったという事例もあります。ネットで確認する際は、これは最終的な金額なのかを確認しておきましょう。

水道局指定工事業者を選ぶ
水道トラブルが起きたとき、水道局指定工事業者に依頼すれば安心です。指定業者は各自治体から指定を受けている業者であるため、一定の条件をクリアし適切な工事と事務手続きが可能な業者でなければなりません。

自治体の指定業者であるため、信頼性も高く安心してお任せできるでしょう。依頼する際は、自分の住んでいる給水区域内で指定を受けている業者を探すことがポイントです。

料金設定が適切
業者のホームページを見たとき、料金表が細かく記載されているか確認をとりましょう。業者へ依頼したときにかかる主な費用は、基本料金や作業料金の他にも特殊工事費用や出張費用などがかかります。

つまりだけでなく、部品が劣化していた場合は部品代などもかかってきます。業者によっては、調査費用や時間外料金も発生します。そのため他の業者と比較して、お願いしたい業者の料金設定が適切であるかを見極めましょう。

調査や見積りが無料
業者によっては調査や見積りを無料で行ってくれます。正式な依頼を受けてから料金を頂くという優良業者を選びましょう。作業内容によっては金額が大きく異なりますので、調査や見積りを確認してから依頼したいものです。

あいまいな状態で、依頼するかどうか判断することはおすすめできません。調査や見積りを無料で実施している業者は、良心的で信頼性の高い業者だと考えておきましょう。

業者に依頼したときの費用相場


実際につまりの解消を業者にお願いした場合、どのくらいの費用を検討しておけばよいのでしょうか。もちろん業者や作業内容、つまりの状態によって金額はさまざまです。しかし、ある程度把握しておかないと不安は大きくなります。

そこで、だいたいどのくらいを標準として検討しておけば良いのか、ケースによって異なる費用相場を紹介します。もちろん確実な料金は業者の最終見積もりですが、こちらを参考にして、心の準備もしておきましょう。


特殊な道具を必要としない場合
洗面台のつまり解消では、ほとんど特殊工具は使用しません。つまりの箇所は、床下よりも洗面台の上部でおきているケースがほとんどで、業務用のクリーナーや排水管を分解して行う作業になります。

通常のケースでは、時間もかからず簡単な作業であるため基本料金や出張費などを合わせても、8,000円〜15,000円程度が相場になります。

部品の交換が必要な場合
通常の状態であれば、部品を交換する必要はありません。しかし解体している際に、排水管パッキンの劣化やS字トラップ・排水管の亀裂などを発見した場合は部品の交換も行います。

メーカーや大きさ、部品によって金額はさまざまですが、パッキンの交換であれば2,000円程度ですし、S字トラップは2,000円〜5,000円、排水管では3500円程度と考えておきましょう。

床下の排水管がつまっているとき
床下の排水管までつまっているときは、費用が高額になる可能性が高くなります。高圧洗浄機やトーラーなどの専門工具を使用して作業をおこなうため、戸建てでは17,000円〜24,000円程度が相場です。

また2世帯住宅では、28,000円〜35,000円が相場になり、アパートやビル、テナントでは35,000円〜60,000円ほどかかると考えておきましょう。

まとめ


洗面台は、毎日家族が使用する大切な場所です。洗顔をしたり歯磨きを行ったりする場所であるため、着実に汚れは溜まっていきます。ヒゲや髪の毛も排水口へ流されていくので、なるべく流さないように注意したいものです。

洗面台のつまりを予防する一番の方法は、やはりこまめな掃除でしょう。週に一度は、ゴミをとったり排水口の掃除をすることがポイントです。万が一つまりが生じてしまったときは、原因を確かめ解消法を試してみてください。

原因が分からないときや自分で手に負えないときは、信頼できる業者に依頼して解消させましょう。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315