【水道局指定工事店】宮崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » ラバーカップはお風呂の詰まりにも使える!選び方と使い方を解説

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

ラバーカップはお風呂の詰まりにも使える!選び方と使い方を解説

2023年01月24日 お風呂のトラブル


ラバーカップと聞くと、トイレに使うイメージが強いです。しかし、実際はお風呂をはじめとしたさまざまな排水口の詰まりに活用できます。適切な製品を複数用意しておけば、どこでトラブルが発生してもすぐに対応できます。


この記事では、ラバーカップをお風呂のつまりに使う方法を解説します。選び方からご説明しますので、水周り管理にお役立てください。


配管内に物が詰まったらラバーカップを使おう


ラバーカップは、配管内に詰まったものを吸い出す道具です。トイレで使うイメージが強いですが、排水口全般で活用できます。髪の毛やせっけんカスなどの汚れはもちろん、浅いところに引っかかったおもちゃなどの異物も引き出せます。


対応できる範囲に限界はありますが、軽度のトラブルなら正しく使えば対応できます。配管内が塞がれることによるトラブルが発生しているなら、ラバーカップを活用しましょう。


お風呂の排水溝に使えるラバーカップの選び方


ラバーカップは排水口に合わせて選ぶ必要があります。お風呂の排水口に使う製品を選ぶときのチェックポイントを覚えておきましょう。ラバーカップの選び方を解説します。


排水口用を選ぶ
ラバーカップにはさまざまなタイプがあります。その中でも、カップ部分がお椀型の排水口用を選びましょう。排水口をカップ部分で覆うように使います。トイレに使う、お椀の先が突き出ている洋式用は使えないので避けましょう。


最近は排水口を選ばず使えるタイプも販売されるようになりました。カップ部分が柔らかいゴムの板上になっているタイプです。排水口全体を包むように覆うようにして使います。こちらもサイズがあっているものなら有効です。


排水口のサイズにあったタイプを購入する
ラバーカップは、排水口をカップ部分で覆い、吸引することで効果を発揮します。排水口の経口にあったサイズを選びましょう。大きすぎても、小さすぎても使えません。購入する前に、お風呂場の排水口のサイズを調べておくと選びやすくなります。


また、カップも重要ですが、柄の部分にも注目しましょう。使いやすさにこだわりたいなら、握りやすい・収納しやすい長さの柄がついているものを選んでください。


お風呂の排水口にラバーカップを使う方法


お風呂の排水口にラバーカップを使うときは、トイレに使うときとはちょっと違う作業が必要です。作業の手順を解説します。


用意する道具
まずは以下の道具をご用意ください。


ラバーカップ
ゴム手袋
細かいところを掃除するためのブラシ
お風呂用洗剤
ごみ袋


ラバーカップ以外の道具は、排水口のヘアキャッチャーなどのパーツをきれいにするためのものです。配管を塞いでいるものを取るときに一緒に掃除しておけば、髪の毛やせっけんカスで排水口が汚れるのを防げます。まとめてきれいにしておきましょう。


排水口のパーツを取り除き掃除する
道具が用意できたら、ゴム手袋をはめて排水口のパーツを取り外します。このとき、ブラシと洗剤で磨いて汚れは取り除いておきましょう。取った汚れを配管に流すと故障の原因になるため、ごみ袋にとって捨ててください。


パーツがきれいになったら、作業の邪魔にならないところにいったん置き、次の作業に移ります。


ラバーカップを排水口に密着させ押し引きする
下準備が終わったら、むき出しの排水口にラバーカップのカップ部分をかぶせ、その周りに水を入れてください。カップが水で隠れるくらいの水位になるよう入れていきます。水とカップで密閉することで、配管内を真空状態にできます。


水をしっかりかぶせたら、ラバーカップを排水口に押し付け、力を込めて引き抜いてください。ラバーカップは引き抜く力で配管を塞いでいるものを取り除きます。引き抜くときに力を籠めるのがポイントです。


塞いでいるものが取れると、水が流れますが、このとき詰まりが取れた勢いで水が噴き出ることがあります。汚水を被らないようご注意ください。


トラブルの原因が取れたら排水口パーツをつけなおす
トラブルの原因が取り除けたら、排水口パーツをつけなおしましょう。周囲が汚れていたときは、水で流したりごみを取り除いたりしてきれいにします。すべて終わったら後片付けをしてください。


後片付けをする
ラバーカップなどの道具をしまいます。道具が汚水などに触れている場合は、きれいに水洗いして天日干ししてからしまってください。不衛生なまま放置すると、臭いやカビの原因になります。衛生的に管理したいなら、お風呂用洗剤で洗ってから乾かしましょう。


改善できない場合は業者の力を借りよう


排水口のメンテナンスに便利なラバーカップですが、修理できる詰まりには限界があります。どうしてもうまくいかないときは、業者の力を借りましょう。


修理業者は、ラバーカップでは修理できないトラブルでも、特殊な機械や専門的な知識を用いて解決してくれます。


無理に配管トラブルを修理しようとしたり、改善できないからと放置したりすると、悪化する可能性があります。


悪化してから業者に依頼すると、修理費が高額になることもあるため、故障や不具合を修理できないときは、できるだけ早く業者へ連絡しましょう。


お風呂の排水口トラブルを防止する方法


お風呂の排水口トラブルは、普段のメンテナンスで防止できます。ラバーカップを使う事態を発生させないためにも、トラブルを防止するメンテナンスを行いましょう。


ヘアキャッチャーにネットをかける
ヘアキャッチャーに髪の毛や皮脂汚れ・せっけんカスがたまると、トラブルの原因になります。髪の毛や汚れを取るネットをかぶせておきましょう。ネットをかぶせておけば、汚れてもネットを交換するだけできれいにできます。


また、排水口に使う便利グッズの中には、シールタイプの髪の毛取りや、ぬめりや汚れをつくのを防止するグッズもあります。これらのグッズを使えば、排水口掃除の手間がかからなくなるため、おすすめです。


排水口用グッズは、100円均一やドラッグストアなどで販売されています。掃除用グッズのコーナーを探してみましょう。


定期的に配管用洗剤を使う
配管の汚れはトラブルを生み出す原因です。排水口だけでなく、配管の中もきれいにしましょう。掃除は配管用洗剤を中に流し、指定された時間放置し、流すだけです。週に1・2回程度でも十分効果を発揮してくれます。


配管用洗剤は強力な薬剤を使っているものが多いため、扱いにはご注意ください。換気を十分にし、肌や顔に薬剤がかからないようにした状態で使用しましょう。


また、洗剤の中には同時に使うと有毒ガスを発生させるものがあります。パッケージに「混ぜるな危険」と記載されているものを使うときは、使用中とその後しばらくは使ってはならない洗剤の使用は避けてください。


まとめ


ラバーカップはトイレに使うイメージの強い道具ですが、お風呂の排水口にも使えます。きちんと種類とサイズを選んだものを購入しておけば、いざというときに便利です。排水口の詰まりが気になる方は、用意しておくとよいでしょう。


また、詰まらせないようにするためのメンテナンスも必要です。排水口の汚れ除けや配管掃除も欠かさず行ってください。定期的に掃除をして、いつでもお風呂を快適に使えるようにしましょう。


家庭で修理してもトラブルを改善できないときは、業者が力になります。どうしてもうまくいかないときは、業者の力を借りてください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315