【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 台所で○○したら詰まりやすくなる?意外とやってしまう台所でのNG行為を解説!

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所で○○したら詰まりやすくなる?意外とやってしまう台所でのNG行為を解説!

2021年01月28日 キッチンのトラブル
宮崎_10

台所の排水口は、色々な汚れやゴミが流れていき溜まっていくため、詰まりやすいです。しかし、日々のちょっとしたことを注意すれば、詰まりにくい状況を作ることができます。

いつも何気なく行っている行為が、実は排水口を詰まりやすくしているかもしれません。そこで、ここでは意外とやってしまう台所でのNG行為を解説しますので、ご自身が普段やってしまってはいないか確認してみてください。

台所が詰まる原因

台所の排水口が詰まりにくい状況を作るには、詰まる原因を知らなくてはなりません。詰まる原因を知って、その原因をできるだけ排除することが必要です。
台所が詰まるいくつかの原因を紹介します。

【油汚れ】
台所の排水口が詰まる一番の原因が油汚れでしょう。
台所のシンクではさまざまなものを扱いますので、どうしてもある程度は油が流れてしまいます。水が流れることで油が冷やされて固まりとなり、排水管の中にへばりついてしまうのです。

全く流さないということは難しいですが、流れる油の量を少なくすることはできます。他の原因と混ざることで、より一層詰まりやすくなりますので、油汚れを少なくすれば、かなり詰まりにくくすることができるでしょう。

【食材の屑】
台所のシンクでは食材や食べ終わった後のお皿を洗うこともあるでしょう。
大部分はゴミ受けがキャッチしてくれますが、ゴミ受けの目よりも細かいものは通り抜けてしまいますし、排水口とゴミ受けの隙間からも流れてしまいます。

食材の屑のみで詰まるということは考えにくいですが、油汚れにどんどんくっついて固まりとなりまるので、台所の詰まりの大きな原因の一つです。

【ヌメリ汚れ】
油汚れや食材の屑の屑を栄養にして雑菌が繁殖します。
雑菌が多くなるとヌメリ汚れとなり、アメーバー状となって詰まりの原因となるのです。油汚れや食材の屑が少ないと雑菌が繁殖しにいためヌメリ汚れも少なくなります。

【固形物】
スプーンやフォークなどの固形物が詰まりの原因になることがあります。
通常はゴミ受けやワントラップがあるので排水管まで流れていくことは少ないですが、掃除の時などに誤って落としてしまうもあるでしょう。固形物が原因の詰まりは解消が大変なので、誤って流さないように注意しなければなりません。


台所でやってはいけないこと

上記の原因を少しでも減らせば、台所の排水口詰まりを予防することができます。
逆を言えば、上記の原因が増えるような行為は、できるだけやらないようにしなければなりません。気づかないうちにやってしまうこともあるかと思いますので、今一度確認をしてみましょう。

【食材をゴミ受けや三角コーナーに放置する】
食材をゴミ受けや三角コーナーに長い時間放置すると、少しずつ崩れていき、ゴミ受けをすり抜けて排水口に流れてしまいます。また、食材から出る油も流れていくので、台所の詰まりの原因をどんどん増やすことになります。

お皿に残った料理・野菜の皮・肉の皮や脂などをゴミ受けや三角コーナーに捨ててしまい、結果放置してしまうことも多いでしょう。お皿に残った料理はできるだけゴミ箱に捨て、野菜や肉の下処理はシンクで行わない方がいいです。

キッチンペーパーや小さなビニール袋を上手く使ってゴミ箱に捨てるようにすれば、シンクの中にはあまり生ゴミが溜まらないようにできます。

【賞味期限の切れたドレッシングや調味料を排水口に流す】
調味料には油が含まれていることが多く、特にドレッシングの成分はほとんどが油です。
賞味期限の切れた調味料の処分は困ってしまうこともあるかと思いますが、排水口に流すことはおすすめできません。油が排水口に詰まってしまいますし、悪臭の原因や雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

ドレッシングなどの調味料を処分したいときは、油を燃えるゴミで捨てれる便利グッズや新聞紙やいらないタオルなどに染み込ませてからビニール袋にいれれば、燃えるゴミとして捨てられます。液体や臭いが漏れないようにしっかりと密封して捨てるようにしましょう。

【揚げ物をした後の油を排水口に流す】
揚げ物をした後の油をどのように捨てるか迷って、排水口に流してしまう人がいます。これもドレッシングと同様で、大量の油を流すことで排水管に油がかなり残ってしまうのです。

また、温度の高い油を流すと排水口と排水管が痛んで水漏れの原因になります。水と一緒に流せば温度が下がるから大丈夫ということはありません。絶対にやめましょう。油の処分は専用のグッズを使用することをおすすめします。

紙などに染み込ませて捨てることもできますが、日差しが強く気温が高い夏場など条件が揃えば、発火してしまう恐れがあるため危険です。どうしても紙に染み込ませて捨てるときは、十分に冷ましてから水と一緒に染み込ませるようにしてください。

【ゴミ受けを掃除するときに食材の屑を排水口に流す】
普段はゴミ受けがついているのである程度食材の屑をキャッチしてくれますが、ゴミ受けを掃除するために外すと、そのまま排水口に流れてしまいます。ゴミ受けを掃除するときは、ゴミ受けについている屑を流さないように注意してください。


宮崎県の水のトラブルはみやざき水道職人にお任せください

上記のNG行為をしなかったとしても、完全に詰まらないようにするということは難しいです。どうしても詰まってしまい自分での解消が難しい場合は、業者に相談してみてください。

みやざき水道職人は、宮崎市・都城市・日南市など宮崎県全域の対応が可能です。宮崎県の水のトラブルや困りごとは、みやざき水道職人にお気軽にご相談ください。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315