【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 洗面台から下水の臭い?DIY(自力)でできる対処法とは

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面台から下水の臭い?DIY(自力)でできる対処法とは

2021年05月06日 洗面所のメンテナンス


洗面所の悪臭は排水溝から

洗面所で顔を洗おうとしたら、悪臭がして驚いた経験のある人は少なくないでしょう。きちんと掃除しているのに原因がわからないという場合、収納扉の下にある排水管に問題があるかもしれません。

まず、収納扉を開けて排水パイプと床のつなぎ目にある防水キャップを外してみましょう。そして床下でパイプが差し込まれている排水管(塩ビ管)の間に隙間がないかを確かめるのが最初のステップです。収納スペースの床と防水キャップとの間をふさいでもあまり意味はなく、そのもうひとつ下の管同士のつなぎ目が肝心です。そこにホームセンターなどにも売っている防臭キャップを取り付けることで、悪臭が上がってこなくなることも多いでしょう。

防臭キャップは基本的に最初からついているのですが、ゴムのパッキンのようなもので、経年劣化すると形が崩れて隙間ができてしまうようになります。この部品を新品にすれば解決できることも多いので、修理や交換をまずはDIY(自力)でやりたいという場合は試してみるのがおすすめです。

管の中にゴミがつまっている場合も

洗面台はキッチンの排水溝のように、食べ物のカスや油が大量につまるようなことはあまりないでしょうが、その代わり髪の毛が大量につまりやすい箇所です。また洗面所の排水溝にはゴミ受けが設置されているはずですが、毎日きちんとゴミを取り除いていても髪の毛などを一本残らず取り除くことは不可能です。

また石鹼カスなどがたまっていると、排水トラップに蓄積され、水の流れが悪くない悪臭が発生する場合もあります。毎日きちんと掃除していても、毎日排水トラップまで分解して掃除するのは現実的ではありませんので、汚れが溜まることは避けられません。

悪臭がする以外にも、洗面台の排水溝で水が流れるのが遅いと感じるような場合は、管のどこかでつまりが起こっていないか調べてみましょう。つまりが起こりやすい場所は、排水溝の入り口のほか、排水トラップ、その先の排水管などがあります。蛇口から順番にチェックしていき、丁寧に掃除していくことで解消できる場合も少なくないでしょう。

排水トラップとは

洗面台の下は収納になっていることが多いですが、収納扉を開けると排水ホース(パイプ)が見えるのが一般的です。この排水パイプの形がアルファベットのS字またはP字になっている箇所が排水トラップになります。賃貸住宅などでは、こうした曲がりがなく、真っ直ぐに床下へつながっていることもありますが、一般的に排水トラップは下水の悪臭が直接上がってこないようにするための構造です。

パイプを曲げることでそこに一定量の水を溜め、それで悪臭に蓋をするというのが基本構造となっています。つまり、排水トラップの中にはいつでも一定の水が溜まっていることになり、ヌメリが溜まりやすく水の流れを阻害する原因にもなりやすい場所です。

流してしまったゴミや髪の毛、石鹼カスなども溜まるため、定期的に分解掃除かつまり解消をするのがおすすめです。排水トラップは比較的簡単に分解することが可能なので、バケツなどを用意して水がこぼれないようにしたうえで掃除するのが一番でしょう。汚いし分解は怖いという場合は、専用の洗浄剤を使ったり、道具を使ったりすることも可能です。

トラブルを防ぐDIY

普段から水漏れやつまりなど洗面台のトラブルを防ぐためには、自分でできる範囲で修理や部品交換をしておくのがおすすめです。もちろんDIY(自力)でできない内容もありますので無理はいけませんが、簡単なものであれば修理も交換もさほど難しくはありません。

たとえば、手の届く範囲で目に見えるナットやボルトの緩みを締め直すだけでも、簡単なトラブルは予防することが可能です。排水パイプのつなぎや接合部は水漏れがしやすい場合なので、あらかじめ緩みを直しておくことで大きな予防になります。モデルにもよるので一概に言えませんが、作業は一般家庭にもあるペンチやレンチで対応できます。ただ、プラスチック製のものが多いので、強く締めすぎると部品や設備が壊れてしまう恐れがあるのであまり力を入れすぎないようにしてください。

またゴムパッキンや内部パーツは経年劣化しやすく、一定期間で交換が必要です。品番をきちんと調べたうえでホームセンターなどにて購入しましょう。ただしこちらもモデルによっては設備と一体化していて、ゴムパッキンだけを交換できないタイプもありますので注意が必要です。

基本的に、自力でできるのは上記のような範囲でしょう。たとえば排水管自体を交換するなど難しい工事を必要とする場合、より大きなトラブルの原因になってしまう恐れがありますので、専門業者に依頼することをおすすめします。

みやざき水道職人は宮崎市、都城市、延岡市、日向市、日南市、小林市、西都市など宮崎県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。洗面所のトラブルやご相談のほかにも、トイレや浴室、キッチンの水回りでお困りのことがある際には、ぜひ気軽にみやざき水道職人にお問い合わせください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315