【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » トイレのタンクからの水漏れを疑うときの主な原因と対処法について

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのタンクからの水漏れを疑うときの主な原因と対処法について

2021年05月06日 トイレのトラブル


トイレのタンクは排せつ後に水を流す部分に深く関わり、うまく流れないときや反対に水が止まらないなどトラブルが発生するとトイレが使えなくなってしまいます。水漏れしているとなれば床や便座が水浸しになり、普段の掃除とは別に処理が必要になります。トイレのタンクからの水漏れの際に、どんな原因があるのか対処法と併せてチェックしていきましょう。

トイレのタンクの中って、どうなっているか知ってるか

トイレのタンクは設置してある状態のものは良く見ますが、内部まではなかなか見る機会がありません。そこで、トイレの内部についてはじめに確認していきましょう。トイレのタンクには必ずフタが設置してあり、持ち上げると簡単に外れるようになっています。重たい場合があるので、フタを開ける際には2人で行うようにしましょう。

タンクの中には、上部から手洗い管が通り、ボールタップとアームが給水管へとつながっています。給水管の手前には止水栓があり、トイレで流れる水を止めたり出したりすることが可能です。タンクの右側にはレバーが付いていて、レバーの開閉によりタンクから便器に排水します。便器とは排水弁を通じてつながり、オーバーフロー管にもつながっています。

オーバーフロー管は不具合が生じて、水が過剰に出たときに水量を調整し、タンクの外に水が溢れないようにするためのもので、単なる箱のように見えるタンクも実は以外に複雑で、それぞれ重要な役割を担っている部品が入っています。

タンクの水漏れ原因は各部の劣化または異物混入の可能性が高い

タンクの水漏れがあるときは、タンクの中の部品が劣化している場合や異物混入の可能性が高いといえます。例えば、ボールタップ・アーム・ホース・浮きゴム・ダイヤフラム・フィルターなど、さまざまな部品のうちいずれかの部品が劣化したり破損したりしただけでも水の流れに不具合が生じます。

タンク内部の部品は、ゴムやプラスチックで作られているものが多いので、どうしても経年劣化や破損は免れないのです。こうした元々ある部品の異常のほかでは、子どものおもちゃや固形のトイレ用洗浄液などの異物が混入した場合に水漏れすることがあります。これらの異物が間違って各部品の機能の妨げになるような場所に入り込んでしまい、正常な水の流れの妨げとなってしまい最悪の場合水漏れを起こしてしまうのです。

症状から予想する不具合箇所診断

トイレタンクからの水漏れにはいくつかの症状があり、そこからおおよその不具合を診断することができます。代表的なものでは、便器に少しずつチョロチョロと水が流れ続けている症状です。この場合、ボールタップの不具合が予想でき、オーバーフロー管よりも水位が上がってしまったために水が便器に溢れ出ている状態と判断できます。

また、ボールタップが不具合を起こす原因としては、浮きゴムの破損により浮き上がらず、ボールタップから給水され続けている可能性もあるでしょう。いずれの場合も水を排出する部分の不具合と考えることができます。

このほかではタンク内の水位が低い場合が挙げられますが、この場合はゴムフロートの劣化やオーバーフロー管が折れているなどの可能性があります。どちらの場合も通常より多く水が排出された状態となるため、止水栓を締めるなどの対応が必要となります。

自分で修理できる?その際の費用はどれくらい?

トイレタンクの修理はタンク内の仕組みを正しく理解できるなら、ある程度のことは修理が可能です。例えば、汚れやごみを取り除いて劣化した部品の交換をする、止水栓を締めてから各部品の交換を行う、浮きゴムなど手に取りやすい部品なども自分で交換しやすいものです。

ただ、ボールタップや各種パッキンなどの水量を調節する役割を担う部品は、専門知識や修理経験が全くない状態では厳しいでしょう。部品をホームセンターなどで購入することはできても、交換するのになかなかうまくできない、といった状態になる可能性も考えられます。タンク内の修理は自分でもできるものがありますが、無理はしない方が無難です。

なお、修理にかかる費用は購入する部品にもよりますが、安いものでは1,000円台から購入でき部品によっては10,000円ほどかかるものもあります。トイレの新旧や設置してからどれくらいの年数が経過しているか、メーカーが今も部品を製造しているかなどにより条件が変わるため、1度の修理でしっかり直したいなら水回りのトラブル解決のプロに修理依頼するのがベターでしょう。

修理に自信がないなら業者に修理依頼がベター

トイレのタンクからの水漏れは、急に発生する場合と徐々に症状が出てくる場合とがあります。気づいたときには水が止まらないといったこともあり、その状態に合わせた迅速な判断と対応が必要になるものです。自分で部品を購入して交換できる簡単なものもありますが、トイレが古い場合や漏れだす水の量が多いなど緊急を要するときは、プロの修理業者に依頼してください。

みやざき水道職人は、宮崎市・都城市・延岡市・日南市・日向市などを含む宮崎県の全域を対象に水トラブル対応を行っています。トイレをはじめキッチン・洗面所・お風呂場など家庭内での水トラブルを幅広く修理可能、スタッフ全員が修理のプロとして迅速に対応します。水のトラブルでお困りの方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315