【水道局指定工事店】宮崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » ガス給湯器からポタポタ水漏れ!原因は何?

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

ガス給湯器からポタポタ水漏れ!原因は何?

2021年07月12日 給湯器のトラブル


屋外のガス給湯器からポタポタという水漏れの形跡を見つけた場合は、要注意です。まず、一酸化炭素中毒を引き起こす可能性があります。ガス給湯器内が水漏れにより換気がうまくいかず、不完全燃焼が起こると一酸化炭素が発生します。一酸化炭素を吸い込むことで、吐き気やめまい、呼吸困難などの中毒症状が起こるのです。給湯器内の不完全燃焼を起因とする、浴室での死亡事故もあります。

水漏れを放置すると当然のことながら水道料金も上がります。水滴がポタポタ落ちる程度でも、24時間続くとかなりの金額に跳ね上がってしまうでしょう。通常の2~3倍の金額を請求される方も少なくありません。

また、水漏れが給湯器内の配線に影響を及ぼし、漏電する危険性もあります。水漏れを放置することはこのようにとても危険です。それだけでなく、マンションやアパートなどの集合住宅で水漏れを放置し、階下のほかの世帯に浸水被害を与えると、損害賠償責任が発生することもあります。少しの水量だからと放置せず、すぐさま原因を突き止めましょう。水道修理業者に電話する前に症状を把握すると、時間や費用の節約にもなります。

水抜き栓からの水漏れは心配ありません

ガス給湯器内には、水抜き栓というパーツが下部に取り付けられています。水抜き栓とは、内部の水量や圧力を調整するために水を出すための設備です。こちらからポタポタと一時的に水が漏れている場合は、正常な動作の一環ですので心配はありません。通常通りお湯が出るようでしたら問題はないでしょう。

しかし、長期間続くようであれば、別の故障の可能性があります。また、水抜き栓もゴミが溜まると詰まりやすくなり、新たなトラブルを招くため、定期的に取り外して掃除をしましょう。

対処が必要な給湯器からの水漏れ

1.経年劣化
基本的にガス給湯器が安全に使用できる目安の年数は、メーカーの設計標準使用期間で定められているように10年とされています。その前後になるとパッキンの硬化や配管のひび割れなど、パーツの破損が起きて水漏れにつながるケースが多くみられるでしょう。パッキンや配管のパーツ交換で対応できることもあります。

しかし、使用後7~8年が経過しているようでしたら、給湯器本体が耐用年数を超えている可能性もありますので、本体の交換を視野に入れましょう。水漏れのほかに異音や異臭がする、うまくお湯の温度が調整できないなどの症状がみられる方は、給湯器本体の交換が必要なサインです。給湯器本体の電源を切り、給水元栓を閉めてこれ以上水漏れすることを防ぎましょう。

2.施工不良
新築やリフォームをしたばかりなのに水漏れが起きたという方は、施工の際に配管の接続などに不具合があった可能性があります。給湯器の配管に保温材が巻かれている、壁への取り付けが甘くグラグラと揺れる、資材を使いまわすなど、いわゆる「手抜き工事」による給湯器の被害かもしれません。施工して間もないようなら担当した業者に連絡をし、再施工の依頼をしましょう。この場合はよほどのことがない限り、費用負担は業者側になります。

3.凍結
凍結は、積雪地帯にしか起こらない問題とお考えではありませんか?実は、凍結被害は日常から凍結の対策がなされている雪国地帯では起こりづらく、氷点下になりづらい地域でよくみられるトラブルなのです。凍結は水道の使用がなく、外気温が0℃以下になりやすい、深夜から早朝にかけてよく起こります。凍結は給湯器本体内の配管だけではありません。給湯配管、給水配管、追い炊き配管などすべての箇所に起こり得るトラブルです。

もし凍結が起きてしまったら、給湯器のリモコンをオフにし、自然に解凍されるのを待ちましょう。間違っても熱湯をかけて急いで解凍しようとしないでください。急激な温度変化により、配管が破裂する可能性があります。

すぐさまお湯が必要という場合は、給湯器の電源をオフにしたまま蛇口のレバーをお湯側に少しひねり、ガス栓を閉めて給水元栓を開けましょう。給水元栓が回らない場合は、タオルを元栓に巻き、その上から人肌程度のぬるま湯をゆっくりかけながら蛇口をひねってください。それでも水が出ない場合は給水元栓以外が凍結していますので、自然解凍を待つほかはありません。

このように、ガス給湯器のトラブルは個人で修理するのではなく、水道修理業者やメーカーに依頼して対応してもらうことが望ましいです。しかし、悪徳な水道修理業者も存在しますので注意が必要です。法外な見積料や出張料を請求する、不要な工事を行い、施工料金の水増しする、粗雑な施工を行い何度も修理を繰り返させるなど、悪質な業者による被害は年々増えています。

集合住宅の場合は提携の業者が指定されている場合や、大家さん・管理会社の負担となっているケースもありますから、まずは連絡しましょう。また、個人で依頼する場合も、何件か見積もりを取り相場を確認してから依頼すると、ぼったくりを回避できます。

給湯器からの水漏れにお困りの方はみやざき水道職人までお電話ください

みやざき水道職人は宮崎市、都城市、延岡市、日向市、小林市など宮崎県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでの詰まりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にみやざき水道職人までお問い合わせください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315