【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 給湯器の水漏れはすぐ対応を!放置すると危険な理由

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器の水漏れはすぐ対応を!放置すると危険な理由

2021年08月27日 給湯器のトラブル


給湯器の水漏れを発見したら、できるだけすぐに対処しましょう。
水漏れの中でも危険度が高い部類です。
放置すると最悪の場合は生命に関わるケースもあります。
給湯器の水漏れが起こる原因や、水漏れを発見したときの対処方法について知っておきましょう。

給湯器の水漏れの原因は?

給湯器が水漏れを起こすのは、大きく分けて3つの理由があります。
いずれも見つけ次第、早めの対応を心掛けてください。

1.給湯器本体の経年劣化
長く使っている給湯器は、内部に設置されている部品が劣化を本体よりも早く劣化を始めます。
水漏れが起きたときに真っ先に考えたいのは、内部のゴムパッキンが劣化している可能性です。
給湯器の使用期間が10年前後から起こり始めることが多い現象です。

ゴムパッキンは経年劣化によって硬くなります。
すると周囲に隙間ができるようになり、ここから水が漏れてしまうのです。
ゴムパッキンの一般的な耐用年数は10年前後ですので、給湯器の使用期間に注目して考えましょう。
この原因なら、ゴムパッキンを新品に交換することによって水漏れが解消できます。

しかし問題は「給湯器の部品は10年を目処に廃盤になることが多い」という点です。
違う型やサイズのゴムパッキンでは本来の位置に取り付けることが難しくなります。
また、思わぬ悪影響が出ることもありますので、修理業者やメーカーに問い合わせをしてみることをおすすめします。
廃盤になっていたとしても後継品が代替品の提案をしてくれるはずです。

また、10年もすれば給湯器本体も劣化が始まります。
可能であれば給湯器本体の交換も考えてみたほうが良いでしょう。

2.配管が凍結してしまった
寒い時期、給湯器の内部にある配管が凍結してしまうことがあります。
配管内にある水が冷え込みで凍結し、体積が膨張すると、配管が膨張に耐え切れずに破裂や破損を起こしてしまうのです。
気温が上がると配管から溶けた水が漏れてしまいます。

給湯器の凍結は寒冷地で起こるより、年に数回ほど厳しい冷え込みが起こりがちな地域で起きやすくなっています。
寒冷地の給湯器は気候に適した寒冷地仕様になっているため、冷え込みに強いのです。
一方、普段はそこまで冷え込まない地域には寒冷地仕様が施されていない給湯器が多く設置されています。

給湯器の凍結は内部の配管が破損しなければそこまで危険ではないのですが、配管の破裂が確認できた場合には、速やかにメーカーや修理業者への連絡することをおすすめします。
自分で作業するのは危険ですので、プロの助けを借りましょう。

3.取り付け業者による設置ミス
給湯器を設置したとき、取り付け業者の勘違いや経験不足などで誤った取り付け方をされているケースもあります。
すぐに水漏れが起きてミスが判明することもあれば、ある程度使ってから判明することもあり、判断が難しくて厄介な状況になってしまう可能性があるパターンです。

この場合は設置した業者に再度連絡をし、設置し直してもらう必要があります。
そのまま使い続けると故障や事故に繋がるかもしれません。
給湯器はガスや電気を使う熱源ですので、故障は思わぬ事故を招く可能性があります。
異変に気付いたらすぐに連絡をしてみてください。

水漏れの原因が分からなかったり、業者が満足のいく対応をしてくれない場合には、給湯器の製造メーカーに連絡してみましょう。
必ず効果的な提案をしてくれます。
また、水道局に問い合わせれば給湯器の点検や修理・交換に対応できる水道修理業者を紹介してくれます。

給湯器の設置や修理・交換は、給水装置工事主任技術者をはじめとした複数の資格を持った業者しかやってはいけないことになっています。
メーカーが手配する技術者や、水道局が紹介してくれる業者は必ずその資格を持っているので安心です。


なぜ放置してはいけないのか

給湯器の水漏れやほかの不具合は放置せず、再三お伝えしていますが、早急な対処が必要です。
ガス給湯器の水漏れは、ことさらに急いだほうが良いです。
というのも、ガス給湯器の水漏れは一酸化炭素中毒に繋がる可能性があります。

内部で発生している水漏れの水が、熱源であるバーナーにかかり、不完全燃焼を引き起こす危険があるためです。
不完全燃焼は一酸化炭素を発生させることがあり、重大な事故に繋がってしまいます。

給湯器の水漏れによるガス代や水道代の増加も気になります。
家計に大きすぎる影響を与えるような金額にはなりにくいのですが、やはり増えるとガッカリしますよね。

また、ポタポタと垂れている程度ならまだ救いがあるのですが、ある日突然大量の水が溢れ出さないとも限りません。
もしもマンションにお住まいなら階下にまで水が落ち、修繕費を負担することになってしまうケースも考えられます。
安全面・金銭面ともに考えてみると、やはり給湯器の水漏れには素早い対処がおすすめです。


給湯器トラブルはすぐ対処を!水道修理業者が駆け付けます

みやざき水道職人は、宮崎市、都城市、延岡市、児湯郡高鍋町・新富町・川南町・都農町をはじめ、宮崎県内の広域で水回りのトラブルを解決します。

給湯器の水漏れや故障にも迅速に対応し、地域の皆様の安全をサポートします。
24時間いつでも受付可能ですので、緊急時にはぜひご連絡ください。
お電話1本で現場へ急行致します。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315