【水道局指定工事店】宮崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 風呂釜の交換にかかる費用と期間を解説!風呂釜の種類も

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

風呂釜の交換にかかる費用と期間を解説!風呂釜の種類も

2022年09月01日 お風呂


バスルームを長い間使っていると、風呂釜も古くなってくるものです。交換したいと思っていても、風呂釜の交換費用では気になるのではないでしょうか。この記事では、風呂釜の交換にかかる費用や工事期間、加えて風呂釜のタイプについても詳しく解説します。


風呂釜を交換するべきタイミングを紹介


どのような兆候が見られた場合、風呂釜を交換したら良いのでしょうか。見極めるための5つのポイントを紹介します。


風呂釜の寿命が近づいた時
風呂釜の寿命は、およそ10〜15年と言われています。


この時期を過ぎると、劣化が徐々に生じて不具合が見られるようになります。10年以上使っている風呂釜が不具合を起こす場合、交換部品が揃わないこともあるため、寿命が近づいたら早めの交換を検討してください。


風呂釜から異臭がする時
風呂釜からガスの臭いがした場合には、ガス漏れや不完全燃焼を起こしている可能性があります。部品が劣化している可能性があるため、まずは業者を読んで点検してもらってください。


お湯を沸かすことはできるかもしれませんが、そのまま使用していると一酸化炭素中毒を招く危険があります。すぐに使用をストップしてください。


お湯の温度が低い
お湯を沸かせたとしても、お湯の温度自体が低い時は、電気系統のトラブルや部品の劣化が考えられます。お湯の温度が低いと、快適に入浴できなくなってしまうため、早めに業者を呼ぶことをおすすめします。


場合によれば、風呂釜を交換することが必要になることもあるでしょう。


風呂釜からの水漏れ
風呂釜の本体には、お湯と水が通っている配管があります。


配管から水漏れが起きている場合、漏電に繋がるため、非常に危険です。すぐに、業者を呼んで対処してもらってください。また、外部の配管から水漏れしている場合でも、放置していると、大きなトラブルに発展する可能性があります。


少しの水漏れだからといって過信しないようにしましょう。


風呂釜に異常がある
風呂釜の見た目の一部が変色していたり、穴が空いていたりする場合、そのままの状態で放置しないでください。


見た目に異常がある時には、何らかの異常が起きているサインかもしれません。業者を呼んで、風呂釜をチェックしてもらうことをおすすめします。


風呂釜交換で得られるメリットとは?


では、風呂釜を交換することでどんなメリットがあるのでしょうか。3つのメリットを紹介します。


安心して使える
風呂釜の不具合がある場合、一酸化炭素中毒や火災のリスクが高まるため、安心して使用できません。新しく風呂釜を交換すれば、それらのリスクがなくなるため、浴槽に安心して入れるでしょう。


より快適に使える
風呂釜機能のグレードをアップさせると、より快適にバスルームを楽しむことが可能です。たとえば、バランスタイプ風呂釜からホールインワンタイプへ交換すると、風呂釜が入っていた場所にスペースを作れます。


浴槽を広く使えるようなるのは、大きなメリットではないでしょうか。リモコン操作で快適に温度設定もできるため、バスタイムが快適になるはずです。


節約に繋がる
新しい風呂釜に交換することで、熱効率が改善されて、ガス代が安くなる可能性があります。これまでよりもガス代を安く抑えられるかもしれません。


風呂釜の種類ごとに特徴を解説


風呂釜といっても1つだけではなく、いくつかの種類があります。以下で、風呂釜の5つの種類と特徴を解説します。


BFタイプ
バランス釜とも呼ばれる浴槽の横に設置される風呂釜を指します。


屋外の空気を使用してガスを燃焼して温め、排気は屋外に排出します。燃焼させた吸気と排気の量がほぼ同じで、一酸化炭素中毒や空気汚染の危険もほぼありません。また、設置の際には、浴槽が狭くなりやすいという特徴があります。


FFタイプ
FFタイプは送風機を活用する風呂釜を指します。


空気の出し入れは、BFタイプ同様に屋外なので、安全に使用することが可能です。内蔵されたファンで空気を外気から取り込んで、排気ガスを外へ吐き出します。本体は屋内側に置きますが、排気筒が短いため屋外に突出している構造になります。


RFタイプ
RFタイプとは屋外設置型風呂釜のことで、お風呂場の中で場所を取ることはありません。屋外に設置されているやめ、給気と排気を屋外で行えます。


さらに、空気の出し入れに排気筒を使うこともありません。機器にもよりますがバスルームから離れた場所に設置することも可能です。


FEタイプ
FEタイプは、強制排気式風呂釜のことです。屋内の空気を使って燃焼し、排気は屋外に出す設備なので換気口を必ず設置する必要があります。


CFタイプ
自然排気式風呂釜とも呼ばれていて、 FEタイプ同様、屋内の空気を燃焼して屋外に廃棄するタイプの風呂釜です。しかし、CFタイプには送風機がないため、排気が逆流する恐れも。現在では設置自体が禁止されています。


風呂釜の交換にかかる費用と工事期間は?


風呂釜の交換費用は、およそ10〜20万円ほどかかります。この金額は風呂釜本体の価格に工事費用を加えた金額で、依頼する業者によっても価格は変化するでしょう。


バスルームの状況によっては、別途工事が必要になる可能性もあります。十分な予算を持って工事に備えることをおすすめします。また、風呂釜の交換のみであれば、工事期間は約1〜2週間ほどです。


しかし、風呂釜の交換と合わせて浴槽やバスルーム内を工事する場合は、プラスで日数がかかってしまいます。お風呂を使えない期間も長くなるため、事前にチェックしておきましょう。


風呂釜交換のポイント


ここで、風呂釜交換する際に覚えておきたいポイントを4つ紹介します。


信頼できる業者を選ぶ
無資格で風呂釜工事することはできません。危険が伴う作業なので、必ず信頼できる業者を選んで依頼してください。業者を選ぶポイントは、まず資格者がいるかどうかです。


その上で、見積りの内容が明確で対応がきちんとしている業者を選べば、工事を任せられます。また、工事後の保証やアフターフォローがしっかりあることも重要なポイントと言えます。


万が一、工事後に不具合が起きた場合でも保証があれば安心です。


快適な風呂釜タイプへの交換
どの風呂釜に交換するかは非常に重要なポイントです。


メリット部分でも述べましたが、壁貫通式ガス給湯器であるホールインワンタイプに交換すれば、バスルームを広々と使えます。風呂釜からの交換であれば、費用も安く抑えられる上に、工事期間も短く済むことが多いでしょう。


給湯器に変更する
風呂釜から給湯器に変更することも可能です。水圧が安定しているため、快適なバスタイムが楽しめること間違いありません。給湯器本体の設置は屋外になるため、浴室を広く使うことも可能です。故障や修理した場合も、スムーズに行えるでしょう。


ただし、故障費用は風呂釜やホールインワンタイプよりも高くなります。費用を計算した上で交換するようにしてください。


バスルーム全体をリフォームする
風呂釜の交換だけでなく、バスルーム全体をリフォームすることもおすすめです。風呂釜の寿命が近づいている頃には、バスルーム全体に徐々に劣化が見られます。


工事費用はかかるものの、全体をリフォームすることで清潔感は格段にアップします。不具合を心配せず、バスルームを使えるでしょう。


まとめ


バスルームの風呂釜は、およそ10〜20万円ほどで交換できます。ただし、劣化具合がひどい時は追加工事が必要になることもあるでしょう。


風呂釜交換する際には、十分な予算を見積もっておくことをおすすめします。また、工事期間は約1〜2週間ほどかかるため、温泉施設の利用などが必要になります。加えて、選択肢は風呂釜交換だけではなく、給湯器への変更やリフォームなどを選ぶことも可能です。


それぞれを比較検討して、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315