【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » トイレに固形物や水に溶けない異物を落とした時の応急処置

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレに固形物や水に溶けない異物を落とした時の応急処置

2021年03月25日 トイレのつまり
トイレに固形物や水に溶けない異物を落とした時の応急処置
最近では、自動洗浄機能付きのトイレを取り入れているご家庭も増えています。
いつも清潔に保つことができ感染症予防にもなる大変便利なトイレです。
しかし、胸ポケットに入れていた鍵やスマホ、ハンカチなどを便器に落としてしまい、取り出そうとした瞬間に流されてしまうケースもあるようです。
トイレに固形物や水に溶けない異物を落とすと便器の中で詰まってしまいます。
最悪の場合は奥の排水管まで流れてしまい、異物が取れないだけでなく、排水管の破損や水漏れなどの二次被害にもつながりかねません。
ただ、固形物でも状況によっては応急処置で解決できることもあります。
そこで今回は、トイレにものを落とした時の応急処置について紹介します。

落としたものが便器の浅い位置にある場合

落として水を流す前の段階で、便器の排水口付近で異物が止まっている状態なら、すぐに拾い上げましょう。
素手で便器の中に手を入れるのは抵抗を感じると思うので、ゴム手袋やビニール袋を二重や三重にしてはめると良いでしょう。
また、固形物が少し奥に入り込んでいる場合は、次のような道具を使う方法もあります。

・ピックアップツール
排水口の少し奥に入り込んだ場合は、ピックアップツールを使用すると良いです。
ピックアップツールとは、狭いところや手の届かないところにある小さな部品を引っ掛けて取るための道具です。
台所や洗面所の排水口の汚れを取り除くことができるものや、先端に付いている爪でものをつかめるものなど、いろいろな種類のピックアップツールが販売されています。
さまざまなシーンで使えるので、1本用意しておくと便利です。

・針金ハンガー
針金ハンガーは形を変えることで、ワイヤーブラシの代わりとして利用できます。
まずハンガーを棒状に伸ばして、固形物を引っ張り出したい場合は、ペンチで先端を釣り針のような形に加工します。
また、トイレットペーパーや排泄物など水に溶けるものが詰まった場合は輪っか型、硬い便が詰まり、崩して流したい場合は渦巻き型にすると良いです。
固形物や水に溶けないものが原因の場合は、釣り針状にした先端で引っ掛けて取り出します。
無理に押し込むと詰まっているものがどんどん奥の方へ移動してしまうので、ハンガーで探ってみて手前になさそうなら、この方法はすぐにやめましょう。

固形物を落とした時にやってはいけないこと

水に溶けない固形物を落としても、便器の浅いところで止まっている場合は、応急処置で取り出せることもあります。
しかし、奥の方で詰まってしまった場合は、専門業者でないと対処できません。
また、間違った知識で対処しようとして、詰まりを悪化させてしまうこともあります。
ここからは、固形物をトイレに落とした時に、絶対にやってはいけないことを紹介します。

・水を流してはいけない
ボールペンやハンカチなど、それほど大事なものでないと、「水に流してしまおう」と考える人もいるでしょう。
しかし、これらは水に溶けることがないので、便器の中で詰まって水が流れにくくなり、そこに汚れがどんどん溜まると水漏れを引き起こすこともあります。
そのため、便器にものを落とした場合は、流すのではなく取り出すことを一番に考えましょう。

・ラバーカップを使ってはいけない
トイレの詰まりに効果的なラバーカップですが、水と空気の力を利用して詰まったものを溶かすための道具なので、重量のある水に溶けない固形物には効果ありません。
ラバーカップで引っ掛かっていたものが外れることはあるかもしれませんが、便器の奥へ押し込んでしまうこともあります。
もし、排水管まで移動してしまうと、トイレの壁や床を壊して排水管から詰まりを除去しないといけないこともあります。
こうなると、高額な修理費用が必要になるので、ラバーカップを使って無理やり取り出そうとするのはやめましょう。

固形物を流さないために

トイレに固形物を落として奥の方まで流してしまうと、自分では取り出せなくなり専門業者に依頼しないといけなくなります。
そのため、固形物を落さないための予防策として、日ごろから気をつけることを紹介します。

・トイレにはなるべく小物を置かないようにする
「トイレもおしゃれにしたい」「トイレを怖がる子供を安心させたい」などの理由で、小物や飾りを置いているご家庭も多いでしょう。
またタオルや生理用品など、トイレで必要なものをトイレタンクの上に置いているかもしれません。
しかし、このような小物がトイレを詰まらせる原因になることもあります。
ペットや子供が小物を触ったり掃除中に当たったりして、便器の中に入ってしまう可能性もあります。
タンクの上や排水口の近くには、ものを置かないようにしましょう。

また、トイレの中でスマホを触ったりゲーム機を持ち込んでゲームをしたりする人もいるかもしれません。
トイレは遊ぶ場所ではありませんし衛生面でも問題なので、家族で話し合ってトイレにはものを持ち込まないルールを作ると良いです。

・気づかず落としてしまうことも
「ものを落とさないように気をつけているし、余計なものは持ち込まない」と思っていても、絶対に落とさないとは限りません。
小さなアクセサリーや腰に貼っていたカイロ、ポケットに入れておいたハンカチなど、気づかないうちに落として流してしまうこともあるのです。
それらを防ぐためには、トイレを使う時は、毎回、流す前に便器の中に何か落としていないか確認するようにしましょう。

便器の奥で詰まっている場合はすぐに専門業者へ連絡を

水に流れない固形物を便器に落としてしまった場合は、応急処置で取り出せることがあります。
しかし、奥の方へ流れていってしまった場合は、自分では取ることができないので、専門業者へ依頼することになります。
みやざき水道職人は宮崎市、都城市、日南市、小林市、日向市など、宮崎県内の水道トラブルに対応しています。
トイレが詰まったり水漏れが起きたりして、急にトイレが使えなくなってしまうと大変ですが、24時間365日体制で修理を受け付けているので、突然のトラブルにもすぐに駆けつけます。
水回りのお悩みがある方は、ぜひみやざき水道職人へご相談ください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315