【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » トイレのつまりの原因は?流して良いもの、悪いものとは

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりの原因は?流して良いもの、悪いものとは

2021年06月21日 トイレのつまり


トイレのつまりの原因として多いのは、「異物を流してしまった」というものです。トイレは勢いのある水流で、スッキリと流してくれるため、つい様々なものを流してしまっている人はいませんか?

実は、トイレに流して良いものは限られています。それ以外のものを流すと、つまりの原因になり、水流が悪くなったり、ある日突然溢れてしまったり…という悲劇に繋がりかねません。トイレに流して良いもの、悪いものを適切に把握しておきましょう。

トイレに流してOK!ただし大量に流すのは注意が必要なものも

トイレに流して良いものは、基本的に「下水にダメージを与えないもの」とされています。この分類だと、液体や水に溶けやすいものなら何でも良いようなイメージを持ってしまいそうですが、実際のところ、あまり種類が多くないのです。トイレに流しても影響がないもの・つまりやトラブルの原因にならないものは、以下の3つが挙げられます。

・トイレットペーパー(国産)
・市販のクリーナーシート(水溶性)
・人の排泄物、自治体のルールによってはペットの排泄物も可

こう見てみると、案外種類が少ないことが分かります。残った食べ物や飲み物、小さなゴミを流す人もいるかもしれませんが、それも望ましくないようです。なかには体調不良で戻してしまうこともあるでしょう。しかし、それもトイレにとって良いことではないのです。つまりの原因になってしまいます。

トイレットペーパーや市販のクリーナーシートは、水溶性の素材で作られています。水に流すと溶けて一緒に流れやすいため、トラブルを起こすことはあまりありません。ただ海外の安価なトイレットペーパーは、素材が厚手であったりして流れにくい場合もありますので注意してください。

まれに、トイレットペーパーやお掃除用のシートがなく、手近なティッシュペーパーやキッチンペーパーを使ってから流す人もいるようですが、これはやめておきましょう。ティッシュペーパーやキッチンペーパーは水に溶けない性質です。排水管に異物として残り、つまってしまう可能性があります。

ただ、水溶性とはいえ、トイレットペーパーやクリーナーシートも1度に大量に流すとすぐに水に溶けず、しばらくそのまま残って流れが悪くなります。大量すぎると、つまりを起こしてしまうことも。この場合は、時間が経てば少しずつ溶けてつまりが解消するため、とくに急ぐ理由がなければ大がかりな対処は必要ありません。

人の排泄物は、問題なく流せます。トイレの存在意義です。ただ、ペットの排泄物に関しては自治体ごとにルールが異なっています。人と同様に、トイレに流しても良い自治体、可燃物としてゴミの日に出すことになっている自治体に分かれています。

これはNG!思わぬトイレのつまりの原因に

トイレに流して良いものより、流してはいけないもののほうが多いと言えそうです。ついトイレに流したくなるようなものでも、禁止している自治体があるため、1度お住まいの自治体のルールを確認しておいたほうが良いかもしれません。流してはいけないものは、数多くありますが、中でも以下のようなものは流さないで欲しいという自治体が多いようです。

・油や生ゴミ
・煙草の吸い殻
・布地(衣服)
・ビニール類
・石や砂
・ガソリン、シンナー、アルコール類
・薬品

つまりの原因になるものや、水質や土壌といった環境に悪影響を与える可能性があるものは流さないほうが良いでしょう。とくに、薬品は人体への安全性を確認して販売されてはいるものの、人体以外への影響が出ないとも限りません。可燃ゴミとして処分すると良いでしょう。

ガソリンやシンナー、アルコール類は揮発性が高いということに加え、水に溶けないため火災の原因になります。また、排水口や排水路を傷め、破損させる原因にもなります。
法で定められた方法で処分をおこないましょう。分からないときには、自治体へ問い合わせるとすぐに教えてもらえます。

ほかにも、「吐瀉物は流さないほうがいい」という声もあります。体調不良でどうしてもトイレで…ということは仕方のないことですが、吐瀉物に含まれる油分が問題なのです。油分は水に溶けないため、便器や排水管にこびりつきやすい性質を持っています。残飯も同様の理由で流さないほうが良いと言われています。

多少ならつまりの原因になりにくいのですが、度重なれば油の部分に流れてきたものがこびりつき、どんどん蓄積されていきます。大きくなった油とゴミの塊は排水管を狭め、つまりを起こしてしまう原因になるのです。

かといって、体調不良でどうしようもないときには対応しにくいことでもあります。やむを得ないときには利用し、体調が回復してからパイプクリーナーを使って排水管の掃除をすると良いでしょう。

ほとんどの各自治体の公式サイトでは、下水(トイレ含む)に流して良いもの、悪いものについて説明するページを設けています。今まであまり意識していなかった人は、1度確認してみてはいかがでしょうか。

トイレのつまりは早めに解消!プロの水道修理業者が即解決!

みやざき水道職人は、宮崎市、日向市、日南市、串間市、東臼杵郡をはじめ、宮崎県内の広い地域で出張対応が可能な水道修理業者です。トイレのつまりはもちろん、あらゆる水回りのトラブルに緊急対応致します。24時間365日、年中無休で受付と出張が可能です。トラブルでお悩みの際にはお気軽にご相談ください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315