【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » トイレの詰まり別の特徴を把握しましょう

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの詰まり別の特徴を把握しましょう

2021年06月18日 トイレのつまり


水の流れが悪いときに考えられること

トイレのトラブルが発生したときは、まずは自分で解決を試みる人が多いでしょう。
水の流れが悪いだけならば、詰まりではなくタンク内の異常かもしれません。

節水目的でタンク内にペットボトルを入れておく人がいますが、こうした行為は水量を減らすことにつながります。
貯水量が減ってしまうわけですから、流したときに勢いが弱くなるのは当然のことです。
これを防止するには過度の節水をしないようにし、またタンク内の水位が下がっている場合は調整しましょう。
これらの処置で解消しない場合は、水道修理業者に修理、または交換の依頼をしてください。


トイレットペーパー詰まりの特徴とは

水を流したときに水位が上昇するようであれば要注意です。
トイレは普通に使用していれば、頻繁に詰まることはありません。
詰まるのは、トイレットペーパーの使用量が多いと考えられます。
おしりを徹底的に拭くという人だと、必然的に多くのペーパーを流すことになるでしょう。
温水洗浄便座を使用すれば、おしりを拭く回数を減らせます。

また温水によってトイレットペーパーが溶けやすくなります。
冬場は便器内の水が非常に冷たくなるので、特に温水洗浄便座を使用するメリットは大きいでしょう。
なおティッシュペーパーは水溶性ではないので、特別な理由がなければ使わないようにしてください。


排泄物が詰まりを招くことも

排泄物が多すぎて詰まるのは仕方のないことです。
これを回避するためには、流しながら用を足すという方法があります。
トイレットペーパーでおしりを拭く前に流すのも手ですが、この方法はうまく流れないことが多いです。

むしろトイレットペーパーがある状態のほうが、排泄物に圧力がかかりやすく、スムーズに流れる傾向があります。
どうしても流れないときは、少し時間を置いてみましょう。

陶器を傷めない程度の湯温のお湯を入れてみる方法もあります。
沸騰したお湯を注ぐと、陶器を破損させる可能性があります。
陶器は非常に丈夫ですが、温度差には意外と弱い性質があるのです。


早急にトイレの詰まりを解消するためには

詰まり解消の専用グッズを使用してください。
ラバーカップはスッポンとも言われており、簡単操作で詰まりを解消できます。
押し込んでから引くだけなので、慣れれば誰でも使用できます。
ラバーカップは排泄物やトイレットペーパー詰まりを早急に解消したいときに利用されますが、固形物の回収にも役立つのです。

ラバーカップをゆっくりと押し込んでいき、そこから一気に引いてください。
ラバーカップはプラスチックおもちゃなどの固形物を取り出すのには本来向いていませんが、コツをつかめば回収できます。

より強力に吸引するなら、真空式パイプクリーナーが役立つでしょう。
お子さんがおもちゃを流してしまう場合は、おもちゃの持ち込みを親御さんが防ぐ必要があります。
子どもは興味本位で何でも流してしまうことがあるのです。

流れる状態を見ながら、物体が消えたと思い込んで興味を示すのです。
大人の場合はおもちゃを流すケースは少ないでしょうが、消臭剤のキャップやボールペン、スマホなどは意外と落としやすいので気を付けましょう。


せきにモノが引っかかることが多い

トイレの詰まりの多くは、せきと呼ばれる場所で発生しています。
いわゆる封水トラップのことで、排水路のなかでも若干位置が高くなっています。
流したものが詰まった場合、多くはここに留まっているのです。

水に溶けるものであれば、薬品洗浄をすれば流れるようになります。
固形物の多くもここに留まりますが、小さいものだと奥まで流れることがあります。
モノを流してしまっても、水が普通に流れてくれるならば、しばらく使い続けてみるのもありです。

ただし排水路がかなり狭くなってくると流れが悪くなるので、その際は水道修理業者に見てもらいましょう。
不具合が発生している状態で使い続けると、大きな出費を招くことになります。
早期の診断・修理を受けることは、費用の節約につながるのです。


詰まりには早期の対策が効果的です

トイレの詰まりは便器内の排水口で生じている状態が最も解決しやすいです。
排水路を超えて下水まで流れていった場合は、便器の脱着が必要になってきます。
そうなると高額な費用がかかりますので、溶けないものを流したときは最初から水道修理業者を呼ぶのが得策でしょう。

排泄物やトイレットペーパー詰まりに関しては、時間が解決してくれます。
便器内で固形物になって、そのまま留まることはありません。
ただし長期間の使用によって排水管に汚れが堆積していった場合は、管にへばりついて細くしてしまいます。

みやざき水道職人は年中無休で水のトラブル解決に取り組んでいます。
宮崎市、都城市、延岡市、小林市、日向市といった宮崎県全域で作業経験があります。
詰まりや水漏れはよく発生するトラブルですから、電話受け付けは24時間対応としました。
台所や洗面所、浴室、トイレのトラブルなら、水まわりを知り尽くしたみやざき水道職人におまかせください。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315