【水道局指定工事店】宮崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » トイレは感染源になりえる?ウイルスを予防するためには

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレは感染源になりえる?ウイルスを予防するためには

2021年05月06日 新型コロナウイルス


トイレを感染源にしない!間違った対策方法を把握しておこう

家庭内でのCOVID-19感染を防ぐにはコツがあります。正しいと考えている対策が実は間違っていることがあるので要注意です。

・トイレの間違った対策とは
トイレ内の手拭きタオルに対して、アルコール消毒用のスプレーを噴射するのは避けましょう。もしウイルスが付着していた場合、スプレーすると同時に広がってしまうからです。手拭きタオルは共用しないのが基本であり、洗うときは洗濯機で洗うようにします。

新型コロナウイルスを拡散させる要因には窓の開閉もあります。換気するために窓を開けると、換気をする前にウイルスがトイレ内を循環してしまうのです。これらを大量に吸い込んでしまうと、エアロゾル感染のリスクがあります。エアロゾル感染の可能性は低いといわれていますが、身体の抵抗力が弱っている方だと無視できません。体調が優れない方、冷え性体質の方、高齢の方などはとくに注意してください。

・排泄物にウイルスが含まれている可能性を疑いましょう
下水には新型コロナウイルスが存在するといわれています。感染者の排泄物にウイルスが含まれており、これが流れていくからです。新型コロナウイルス感染の初期症状として下痢があります。下痢は液体に近い糞便となるので、便器内に飛散してしまいます。汚水がおしりにまで飛ぶ、便器の蓋の裏側に飛ぶなどの特徴もあるため、これらの場所はしっかり洗浄しておきましょう。

毎日入浴すること、ウイルスが付着する場所はアルコール消毒することなどが大切です。菌やウイルスはどんなに視力がよくても確認できません。ウイルスが付着しているかもしれないと想定しておくことが徹底した対策につながります。

トイレを感染予防!お掃除方法とは

トイレを感染源にしないために、トイレを掃除することは欠かせません。ここでは、ウイルスを予防するトイレの掃除方法を紹介します・

・トイレ掃除をするときに役立つアイテム
ゴム手袋は絶対に着用してください。便器は死角に汚れが溜まっていることが多いです。目視で確認した状態よりも、実際は多くの汚れが蓄積していると考えてください。ゴム手袋を着用せずに掃除すると、爪の間や傷口にウイルスが侵入してしまう可能性があります。ゴム手袋は短いほうが使いやすいという方がいますが、ウイルスの飛散を防ぐためにはロングタイプの使用をおすすめします。

洗剤は表面活性剤が含まれたタイプを選んでください。トイレを擦るときは、通常のスポンジではなくトイレブラシを使用します。壁や床などを拭くときは、ウイルスが飛ぶことが考えられます。そうした状況を想定し、マスクをつけておくと安心できるでしょう。

マスクは周りにウイルスを飛ばさないため、そして自分がウイルスを吸入しないために必要です。トイレ掃除中に避けたいのは、顔がかゆくても我慢することです。ゴム手袋を介してウイルスが皮膚につく可能性があります。

・トイレの使用と手洗いはセットで
トイレから出たら手洗いをすぐに行ってください。トイレで用を足すときは、いろいろな場所に触れています。ドアノブやトイレットペーパーホルダー、洗浄レバーなどは絶対に触れるはずです。誰もが触れる共用部分は、ウイルスが付着する可能性が高いといえます。

公衆トイレと比べれば家庭用トイレは低リスクですが、家庭内においてはリスクの高い場所であることに違いはありません。だからこそトイレから出たら石鹸をつけて水道水で洗い流しましょう。衣服も毎日着替えておけばより安心できます。

・共用部分はアルコール消毒で対処を
家族全員が触れる場所は、1日1回のアルコール消毒をしましょう。浴室に関しては高湿度であり、トイレと比べて感染力は弱いです。

また、ウイルスを洗い流す場所なので感染源にはなりにくいですが、ドアノブに関しては注意してください。部屋側のドアノブはアルコール消毒をしておくのが得策です。アルコール消毒をするときは、トイレットペーパーにアルコールを染み込ませて拭く方法が合理的です。ティッシュペーパーの場合はトイレに流せませんが、トイレットペーパーは水に溶けます。

新型コロナウイルス対策の要は予防

発症してはじめて症状の程度がわかるのが新型コロナウイルスの怖いところです。自分は若いから大丈夫と考えていたら、想像以上の後遺症に悩まされたという人は実際にいます。なかには食事の味がまったくわからなくなったという方もいるのです。それゆえ、新型コロナ対策は治療よりも予防が大切になります。

予防対策においてはマスク着用が常識であり、それに加えてうがいも行いましょう。うがいをすれば口内のウイルスを洗い流し、体内に侵入するのを抑えられます。私たちは知らず知らずのうちに口に触れることが多く、それにより口内にウイルスを移動させてしまっている場合があるのです。

みやざき水道職人は迅速・安心な作業をモットーにしている

みやざき水道職人は、新型コロナウイルス対策には万全を期して、宮崎市・都城市・延岡市・日向市といった宮崎県全域で出張対応しており、丁寧な対応、リーズナブル料金には定評があります。トイレやお風呂、台所、洗面所の部品交換・修理に対応できますので、お困りの際はみやざき水道職人を活用してください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315