【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » トイレの節水は節約に繋がる?効果的な方法を取り入れる

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの節水は節約に繋がる?効果的な方法を取り入れる

2021年06月09日 トイレのメンテナンス


トイレで使う水量は案外多く、生活用水の総量の中でも高い割合を占めています。家計の見直しや環境問題を考えて、トイレの節水をしたい人もいるでしょう。おすすめの節水方法やできれば避けたほうが良い方法など、それぞれの特徴ごとに見ていきましょう。

トイレの水量はどれくらい?節水したくなる使用量

お風呂やトイレ、そのほか料理や洗濯など、生活全般に使う水を生活用水や家庭用水と言います。生活用水を総合した水量が1ヶ月の水道使用量です。使う場所や目的によって内訳が異なります。東京水道局の調査では、生活用水の使用量内訳(平成27年)は以下のようになっています。

お風呂:40%
トイレ:21%
料理(炊事):18%
洗濯:15%

こう見るとお風呂がもっとも多いのですが、湯船に溜める量やシャワーで使う量を考えると納得の順位です。しかしトイレがここまで多いというのも意外な結果です。「トイレでこんなに使ってるなんて思ってなかった!」と驚くかもしれません。節水を意識したとき、お風呂も重要ですが、ここではトイレの節水について考えてみましょう。

実はひと昔前は、トイレの水の使用量が生活用水の中でトップを占めていました。しかし昨今の節水意識の高まりにより、水の使用量を減らせるタイプのトイレが開発されています。節水タイプのトイレは高い節水効果を発揮し、トイレの水の使用量と水道料金に少なからず影響を与えています。「それでもまだ多い気がする、節約できるかも…」と考えるのなら、家庭でも簡単にできる節水方法を取り入れていきましょう。

効果的な節水方法は?小さいことで大きな成果

家庭でも取り入れやすい節水方法はとても手軽です。ここからは、すぐにできる代表的な方法を2つご紹介しましょう。

1.大小機能を使い分ける
トイレを流すとき、「大」と「小」を選ぶことができるトイレがほとんどです。中にはセンサーで自動的に流す高機能なトイレもありますが、そういったトイレにはおおむね節水機能もついているでしょう。ここではレバータイプをはじめ、毎回の洗浄ごとに選べるタイプをピックアップします。

「大」で水を流すと、1回につきおよそ6~8リットルの水量が使われます。対して「小」の場合には4~6リットルです。もしも「小」で良いところを「大」で流していたのなら、2リットルもの無駄遣いをしていたことになります。1回につき、2リットルという量を、大したことがないと考えるかどうかは個人によります。しかしその2リットルが1ヶ月に10回、20回と積み重なったとすると、相当な量になることは確かです。

また、家族の人数が多ければ多いほど、その差は大きくなります。たとえば単身世帯がトイレで1ヶ月に消費する水量は約8,200リットルと言われています。一方、4人世帯では約24,300リットルとなっており、実に3倍もの違いがあるわけです。

ここで「大」「小」の差の積み重ねがどのように反映されるかと言えば、水量、料金ともにかなりものになることが分かります。家族が多ければ多いほど節水効果が目に見えるようになるでしょう。もちろん単身世帯や少人数世帯でもしっかりとした節水に繋がります。具体的には「男性の便と女性の両方」は大、それ以外なら基本的には小を使うと効果的です。また、臭いや音が気になって、トイレのたびに2度流す人もいるでしょう。それをやめるだけでも大きな節水効果に繋がります。

2.節水用のアイテムを取り付ける
「ウォーターセーバー」「水洗トイレ節水器ロスカット」など、トイレの節水に効果のある市販品を導入するのも確実な方法です。自分で取り付けるためハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、DIYが得意な人なら問題なく作業できます。どちらも取り付けが完了すれば、通常通りのトイレの使用方法で問題ありません。ほかの節水対策と併せると、大きな効果が期待できそうです。

3.節水効果のあるトイレにリフォームする
古いタイプのトイレなら、節水効果が高い最近のトイレにリフォームするのも1つの手段です。リフォームにはそれなりの金額がかかりますが、今後使い続ける年数や、いずれ老朽化してリフォームすることを視野に入れれば納得の範囲内ではないでしょうか。

また、トレイのリフォームは各自治体から補助金が出るケースがあります。いくつかの条件を満たせば一定の金額がバックされますので、お住まいの自治体でチェックしてみてください。最近ならご自宅に要介護レベルが一定以上の方がいる場合にリフォームをする際、介護保険で補助金の申請ができます。ご家族の快適な生活にも繋がりますので、節水と共にぜひ利用してみてください。

トイレの節水方法は多様!プロの水道修理業者に相談する

みやざき水道職人は、延岡市、日向市、都城市をはじめ、宮崎県内で活動する水道修理業者です。水道局指定工事店として地域密着を目指し、水回りのトラブル解決のために出張対応致します。トラブルだけではなく、トイレの節水やそのほかのお悩みなど、どんなことでもお気軽にご相談ください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315