【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 簡単に水道代が節約できるトイレの節水法は?

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

簡単に水道代が節約できるトイレの節水法は?

2021年07月21日 トイレのメンテナンス


トイレで節水する方法

トイレの水を流すときに「もったいないな」と考える人も少なくありません。大切な資源でもある水を、トイレで節約するためにはどのような方法があるのでしょうか。

・大/小のレバーを使い分ける
トイレのレバーやボタンは、「大」と「小」がありますが、何となく「大」のレバーやボタンを押してしまっている人もいます。このレバーやボタンを意識して使い分けるだけでも、効率的な節水効果が期待できます。たとえば、大13リットル小6リットルの水を使用するトイレ場合は、一度で7リットルの水を節約できるのです。

・何度も流さない
トイレを使用しているときの音や臭いを消すために、使用中に何度も水を流す人がいます。これも、水を浪費していることになるので、トイレの水を流す回数は1回にすることを心掛けましょう。

・お風呂の残り湯を使う
お風呂の残り湯をバケツでトイレまで運ぶ労力をいとわない人であれば、効果のある方法です。お風呂の残り湯を使う場合は、まず、トイレタンクの量に合った水を用意し、トイレの止水栓を止めておきます。トイレの水を流してタンクが空になっても止水栓を閉じているので、水道から水が給水されることはありません。

トイレのタンクが空になったら、バケツの水をタンクに入れて使用すれば節水効果が期待できます。小のときだけバケツの水を便器に流し込む方法もあるので、いちいちタンクに水を入れるのが面倒な場合は、こちらの方法を試してみても良いでしょう。

・新しい節水トイレに交換する
トイレは壊れても部品を交換すれば長く使えるので、なかなか交換することはありません。しかし、たとえば1975年に作られたトイレは、一度に13リットルの水を使用していますが、最新の節水トイレは使用する水量が5リットル以下となっているので、かなりの水を節約できます。そのため、思い切ってトイレを節水タイプのものに交換するのも良いでしょう。

ペットボトルの節水法は間違い?

一時期、トイレのタンクにペットボトルを入れて節水する方法がテレビなどで紹介されました。これは、タンク内にペットボトルを入れることで溜める水の量を減らして節水する方法ですが、無理に水量を減らすと汚物やトイレットペーパーがきちんと流れずに配管に詰まるなどのトラブルの原因となります。

また、タンク内の金具をペットボトルが傷つけることで正常に作動せず故障の原因となることもあります。さらに、水が止まらずに余計に水道代がかかると本末転倒な事態を引き起こすこともあるので、ペットボトルを使った節水はおすすめできません。

おすすめのトイレの節水グッズ

ペットボトルと同様に水圧を下げるものを使ってしまうと流れにくくなるので、水圧を変えずに節水効果が期待できるグッズを選ぶことが大切です。

・水洗トイレ節水器ロスカット
トイレの水を流した後に少量の水が便器内を流れることがありますが、これは、タンク内に渦が起こることで止水栓が渦に巻き込まれ、いつまでたっても栓ができない状態になっているからです。トイレのタンク内には、黒いゴムのボールのようなフロートバルブがあり、水が流れるときはこのフロートが浮き、流し終わると蓋となって水を止めますが、水洗トイレ節水器ロスカットを使用すると、蓋が閉まるタイミングを早められます。

そのため、トイレの水を流した最後の方にチョロチョロと流れる水を止めてタンク内に溜めておけるようになります。メンテナンス不要で半永久的に効果のある節水器ロスカットは、1回13リットルの水を使用するトイレの場合、約5リットルの水を節約することが可能です。

・節水ウォーターセーバー
ほとんどのトイレは、タンク内の水を自動的にすべて流してしまいますが、自分で水の量をコントロールすれば節水することも可能です。そこで、おすすめなのがレバーを動かしたときだけフロートバルブが浮き、タンクの水を使い切る前にレバーを戻せば水の流れを止められるウォーターセーバーです。

トイレットペーパーを多く使う場合は、流す水の量が少ないと詰まりの原因となりますが、慣れれば手軽に節水効果を得られるでしょう。取り外しも簡単なので、「とりあえず試してみたい」と考えている人におすすめです。

・万能ロータンクボールタップスリムタップ
トイレのボールタップが壊れたときの交換用部品として売られている「万能ロータンクボールタップスリムタップ」は汎用性が高いので、古いトイレであれば、ほとんどのタンクで交換可能です。多くのトイレタンクに合うように作られている特性を活かして、タンク内の水位を低い位置に調整すれば、水量を減らせます。しかし、あまり低い位置にしてしまうと汚物が流れきれなくなる場合もあるので、微調整をする必要もありますが、適切な位置を見つければ、確実に節水効果が得られるでしょう。

これらの節水グッズは、取り付けも簡単で水圧を下げることなく節水効果が期待できます。しかし、トイレタンクのタイプによっては取り付けができないこともあるので、事前に確認しておくことが大切です。

トイレの交換はみやざき水道職人へ

自宅のトイレが「もう何十年も使っている」「水をいっぱい使っている気がする」などの場合は、節水トイレに交換すると、とても大きな節水効果が得られます。トイレの交換を考えたときは、みやざき水道職人へお気軽にご連絡ください。

みやざき水道職人は、宮崎市や日南市、都城市、延岡市、小林市、西都市を始め、宮崎県のさまざまなエリアで水のトラブルを解決しているプロ集団です。お客様の家の配管構造に合った節水トイレを提案いたします。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315