【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » トイレが濡れるのはなぜ?結露や水漏れの可能性とは

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレが濡れるのはなぜ?結露や水漏れの可能性とは

2021年09月16日 トイレのトラブル


トイレの中も暑くてたまらない梅雨や夏場は、換気扇を回したり、窓を開けてもなかなか室温が下がりません。いつでも水があるトイレは湿度も高く、ついうんざりしてしまいがちです。ふと気が付くと床や壁、便器や給水タンクが濡れていることがありませんか?まさか水漏れでは?と心配になる状態です。

実はトイレで結露が起こることがあります。トイレ自体に問題がないのに濡れている部分が気になるときは、結露を疑ってみましょう。

夏場に起こるトイレの結露

結露は寒い時期に起こるものだというイメージがあります。実際、冬場に暖房で温まった部屋の窓が、外の気温との差で濡れているという経験をしたことがある人もいるでしょう。

夏場のトイレでの結露も同じ現象です。いつも水がたくわえられている便器や給水タンクは温度が低く、夏場の室温と差があります。そのため、結露が発生してしまうのです。便器そのものや便器と床の間、給水タンクに水滴が現れるのはこのためです。

それほどひどくない結露なら、気付いたときに拭き取れば周囲を濡らしてしまうほどではありません。しかしひどい結露になってしまうのであれば、拭き取りのほかに根本的な対策が必要になってきます。トイレで起こるひどい結露を放っておくと濡れてしまった床や壁に黒カビが生えてしまうことがあります。床材や壁紙を剥がしたときに黒カビがビッシリ生えていた、というケースも少なくありません。

また、トイレ室内の湿度が上がる原因にもなります。湿度は黒カビをさらに増殖させてしまうため、やはりトイレの結露はできる限り防いだほうが良いと言えるでしょう。

トイレの結露対策は?

最近設置したばかりのトイレの場合、そこまでひどい結露が起きることはありません。どちらかというと昔から使い続けているトイレで多く発生する現象です。

近年のトイレは性能が格段に上がっており、その一部には結露対策も含まれています。給水タンクの中に防露剤が最初から入っていたり、便器全体に防露効果のためのコーキングがほどこされているのです。そのため、悩むほどの結露にはなりにくい状況です。

いっぽう、古いトイレは結露の悩みが生じがちです。給水タンクの中に防露材が入っていないことも珍しくありません。防露のためのコーキングもされていないものがあります。また、コーキングされているトイレだったとしても、経年劣化でコーキングが剥がれ、効果を失っていることもあります。

対策としてはコーキングをする、もしくはトイレのリフォームを視野に入れるのも良いでしょう。リフォームというと大がかりで予算も気になりますが、最近は一定の条件を満たせば自治体から補助金が出ます。条件はそれほど厳しくなく、エコを意識した最新のトイレであれば、補助金の対象になりやすいといえます。防露効果のある最新のトイレなら補助金が期待できます。

結露ではないのに床が濡れるのは?

トイレの床が濡れるのは、結露だけではありません。暑い時期で結露が起きる時期ではないのに床が濡れていることに気付いたら、トイレのどこかで水漏れが起きている可能性があります。

・給水管や排水管に劣化や破損はないか?
・給水タンク内部の部品が劣化していないか?

給水管や排水管はそう簡単に破損するものではないのですが、何らかの強い衝撃を受けてしまうと、その部分に亀裂や穴が生じてしまいます。また、経年劣化で水がしみ出してしまうことも珍しくありません。もしもそのような部分があれば、水道修理業者を手配しましょう。防水テープを巻き付けるだけでも応急処置にはなるのですが、トイレという場所柄、応急処置では心もとない状態です。衛生面での心配もありますし、完全な修理をおすすめします。

給水タンクの中の部品も水漏れに関係します。床に広がるような水漏れはあまりないのですが、便器の中にいつまでも細い水が流れ続けている場合は、やはり水漏れの一種として認識しておくべきです。給水タンクの中にはさまざまな部品が入っています。フロートバルブ、じゃばらホースなど、水圧や水流をコントロールする部品です。どれも丈夫で長持ちするものですが、経年劣化を起こせば不具合が生じます。

また、節水のために…と給水タンクの中に重いものを入れているかもしれません。入れたときに部品にぶつかって破損させてしまったり、正しい位置からずれてしまうこともあります。節水は重要ですが、給水タンクの中にものを入れることはあまり推奨されていません。

ペットボトルやレンガを入れている人は、できれば取り除き、代わりに市販のトイレ節水アイテムを導入してみてはいかがでしょうか。最近は優秀な節水アイテムが販売されています。設置するだけで大幅な節水ができますので、ぜひ試してみてください。

トイレが濡れたら確認を!水道修理業者が原因を究明します

みやざき水道職人は、宮崎市、日南市、延岡市、門川町、新富町、川南町など、宮崎県内で広い地域へお伺い可能な水道修理業者です。トイレの結露をはじめとした水回りのお悩みなら、どんなことでもご相談いただけます。事前見積もりは無料、明瞭会計で確かな技術をご提供しております。水回りのトラブル、お悩みの際にはぜひご用命ください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315