宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » トイレのトラブルを重症化させないための心構え

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのトラブルを重症化させないための心構え

2021年02月06日 トイレのトラブル


トイレの詰まりの修理費用を抑えるには?

詰まりが重症化していない段階で、水道修理業者に依頼するのがベストです。
排水口内部に原因がある場合は比較的安く修理できますが、詰まりが排水路まで及んでしまうと難易度が増すので修理費用が上がります。

さらに便器の着脱となれば時間がかかりますし、費用はより高額になるでしょう。
当然ながら薬品洗浄だけで解決できる状態より、破損部品の修理・交換が必要になる状況は高額になります。

トイレの耐用年数・寿命を超えている場合ですと高額な出費につながる可能性が高いですが、詰まりの症状の度合い・種類も大きく関係してきます。
いずれにしてもご自身で対応が難しい場合は、なるべく早く水道修理業者に依頼したほうが安くすむでしょう。


定番のラバーカップを使用する

ラバーカップはトイレ詰まり解消の定番アイテムです。ホームセンターやネット通販などから購入できます。安価なものだと1,000円未満からありますが、高価なものだと1万円を超えるでしょう。
値段は必ずしも高ければよいわけではなく、和式・洋式に合ったものを使用すること、便器の形状に合ったものを選ぶこと、などがポイントになります。

ラバーカップは固形物を取り除くときによく使用されますが、紙類によるトイレの詰まりが発生したときも重宝するでしょう。

ティッシュペーパーは水に流れないので、多めに流すと詰まることがあります。
流せる系のお掃除シートやペット用品に関しても、際限なく流れるわけではありません。
また許容範囲を超えてトイレットペーパーを使用した場合も詰まる可能性があります。
トイレットペーパー詰まりは一般的に時間を置けば解消しますが、ダマになるほど使用すれば流れない可能性が出てくるので、そうした場合はラバーカップを活用してください。

ラバーカップと似たアイテムには真空式パイプクリーナーがあり、こちらは使いやすさや吸引力がさらに増しています。
初心者の方が気軽に詰まりを解消するのであれば、こちらを使用するのもいいでしょう。


固形物を流してしまったら何をするべき?

子どものおもちゃはプラスチック製が多く、うっかり流すと詰まりを招くことがあります。
プラスチック全般に関しては、トイレ用の薬品で溶かすことができません。
パイプ洗浄剤を使用すればペーパーをやわらかくできますが、プラスチックはそのまま排水管・排水路に残ってしまうのです。

そこで固形物を取り出すためにラバーカップや真空式パイプクリーナーなどが使用されますが、この方法も絶対ではありません。
うまく引き上げられることもあれば、トイレの詰まりがより深くまで進行するケースもあり、後者の場合は水道修理業者に依頼する必要性が出てきます。

もし自力で固形物を取り出そうとして失敗すれば、高額な出費につながりかねません。
それゆえ固形物を流してしまったと明確にわかっている場合は、自力で対処せずにプロにまかせたほうがいいのです。


トイレの排水管が破損してしまった場合は?

便器とトイレは同じものと認識している方は多いですが、トイレと呼ぶときは便器以外の設備も含めた総称となっています。
トイレ掃除をする場合は、便器はもちろん床や壁なども掃除することが多いでしょう。
便器は強い外的刺激を加えない限りは、まず壊れることはありません。

一方でトイレの一部である排水管に関しては、経年劣化で腐食が進行すれば交換する必要性が出てきます。
どのような設備もいずれは故障するので、モノの流し過ぎや固形物の落下などとは異なる原因で詰まりを招くことは考えられるのです。

いずれにしてもトイレの調子がいつもと違う、最近は水の出方が変だったり異音がしたりする、といった場合はトイレ診断を受けてみる必要があります。
修理・交換をするべき時期にあるならば、早めに対処したほうがよいでしょう。
住宅全体のリフォームにおいても、時期を遅らせたばかりに住宅の老朽化が進行することは多いです。

たとえば屋根塗装のタイミングを遅らせると、屋根材が紫外線のダメージに耐えきれなくなって、雨漏りを引き起こしてしまう可能性があります。
トイレの異変に関しても、適切な時期に設備・部品の修理、交換、リフォームなどをする必要性があるわけです。

トイレの寿命を予測する一つの目安として、詰まりの頻度の増加があります。
トイレの使い方は以前と何らかの変わりないのに、最近はよくトラブルが起こるという場合は注意してください。

頻繁に修理をすることを考えられれば、思い切って交換したほうが結果的に安く収まることが少なくありません。

みやざき水道職人では、宮崎市、都城市、延岡市、日向市、小林市などの宮崎県全般で水トラブルを解決しています。地域密着の水道局指定店として地元の方から愛されており、リピートされる方は少なくありません。
原因不明のトイレの詰まりはもちろん、原因はわかっているけど自分で挑戦するのは不安という方もご相談ください。もちろんトイレ以外の水回りの不調にも素早く対応いたします。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315