【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » トイレの排水管から水漏れを発見!原因や対処方法とは

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの排水管から水漏れを発見!原因や対処方法とは

2021年03月25日 トイレのトラブル


トイレの水漏れを発見したらトイレの排水管から水が漏れている、トイレの壁や床が濡れている。なんてことはありませんか?
トイレの水漏れは、トイレタンクや配管周りの異常でおこる場合がほとんどです。
しかし、最近ではタンクレスのトイレが多くなり、排水管による水漏れが多くなっています。

トイレの排水管から水漏れする原因

トイレの排水管による水漏れは、接続部品の緩みやパッキンの劣化、排水管の老朽化や破損、排水管の汚れ、トイレットペーパーや異物などのつまりなどが考えられます。
それぞれの原因や対処方法などを、詳しく紹介していきましょう。


経年劣化による各部品の不具合をみてみる

接続部品の緩みやパッキンの劣化排水管などの接続部分から水漏れが起きている場合は、ナットの緩みなどが考えられます。
ナットが緩んでいたら締めなおしてください。
また、ナットが錆びている場合は、新しいナットと交換してください。

それでも水漏れが解消されない場合は、パッキンが劣化している場合があります。
止水栓を閉めてからパッキンを取り出してみて、劣化しているか確認してみましょう。
手に黒く汚れがつくようなら劣化しているサイン。
パッキンはホームセンターやネットで購入でき、自分でも交換できますが、自信のない場合は、専門業者に依頼するのがおすすめです。

排水管の老朽化や破損排水管は長年の使用による老朽化で、水漏れをおこす場合があります。
排水管が老朽化している場合は、破損部分を防水テープでふさいだりなどの応急処置をしてみてください。
しかし、あくまでも応急処置なので、違う箇所から水漏れを起こす可能性も考えられます。
大きな水漏れを起こす前に、早めに専門業者に排水管の交換を依頼してください。


排水管の中の原因

汚れが溜まって水が流れづらいトイレの排水管の中は、普段目にすることはありませんよね。
どの程度汚れているのか確認することが難しく、汚れが溜まっていてもなかなか気づけません。
汚れが溜まる原因はいくつかありますが、基本的に水量や水流が弱いと汚れが流れづらくなります。
流れづらいと感じたら、パイプクリーナーを流してみましょう。

それでも解消できない場合は、専門の業者に依頼して排水管を洗浄してもらうのをおすすめします。
汚れが溜まらないためには、定期的にパイプクリーナーを流し込むなどのメンテナンスが必要です。

また、タンクレスの場合は水の勢いが弱い傾向がありますので、常に大洗浄で流すなどの工夫をしてみてください。
節約のためにタンクにペットボトルなどを入れて水量を少なくしている場合は、汚れが流れづらくなりますので、ペットボトルを入れるのは避けたほうが良いでしょう。


異物混入の可能性

トイレットペーパーや異物が詰まっている場合トイレットペーパーを大量に流したり、水量が弱かったりすると、流れきってないトイレットペーパーが蓄積して、排水溝がつまってしまう場合があります。
この場合は、30~60℃程度のお湯を便器に流してみてください。
溜まっていたトイレットペーパーが溶けてつまりが解消される場合があります。
熱湯を流すと便器が破損する可能性があるので注意してください。

また、胸ポケットにスマホやガラケーなどの携帯電話を入れている場合も注意が必要です。
間違って便器に落としてしまって、スルッと排水管まで落ちてしまうことも。
ズボンのポケットにハンカチや鍵を入れている場合も便器への落下に注意してください。
排水管まで入ってしまうと、なかなか取り出すのは難しく、水漏れの原因にもなってしまいます。
家にラバーカップ(スッポン)がある場合は、取り出せる可能性もあるので、試してみてください。
異物を取り出しても水漏れが解消されない場合や、異物が取り除けない場合は専門業者に依頼してください。


水漏れを発見した場合

トイレの壁や床から水漏れを発見した場合壁や床が濡れている場合は、給水管か排水管のどちらかの不具合が原因の場合もあります。
まずは、水道を使っていない状態で水道メーターを確認してみてください。

水道メーターがまわっていれば給水管、まわっていなければ排水管が原因と考えられます。
配管自体に問題がある場合は、自分で対処することは難しいです。
止水栓を閉めて、水漏れ部分に雑巾などを当てるなどして、できるだけ被害が広がらないようにしてください。
マンションの場合は下の階に被害が及ぶ可能性もありますので、早急に専門業者に連絡してください。


予防と注意点排水管の水漏れを防ぐには日ごろの使い方やメンテナンスが大事

トイレットペーパーを一度に大量に流さず、少しずつ流すようにしてください。
また、水量が弱いとつまりの原因になります。
水量が弱いタイプのトイレは常に大洗浄で流すなどの工夫も必要。

また、定期的な部品の交換や、排水管を詰まらせないために、定期的にパイプクリーナーを流し込んでメンテナンスしてください。
汚れが気になる場合は、専門業者に依頼して高圧洗浄を行うこともおすすめです。

みやざき水道職人は、宮崎市や都城市、日南市などをはじめとした、宮崎県全域で水に関するトラブルに対応している水回りのプロです。
トイレやお風呂、キッチンなど、家中の水に関するトラブルでお困りの際は、ぜひお気軽にみやざき水道職人にお問い合わせください。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315