【水道局指定工事店】宮崎のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » トイレの便器からの水漏れは修理できる?それとも便器一式を交換する方が良い?

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの便器からの水漏れは修理できる?それとも便器一式を交換する方が良い?

2021年05月06日 トイレのメンテナンス


トイレの便器は、トイレの中でも水漏れが発生しやすい部分で、トイレの要とも言える場所です。水漏れなどのトラブルもよくあり、水が止まらなくなったり少量・大量の水が漏れたりすることがあります。こうした水トラブルが発生すると、自分でなんとか修理できないかと考える方もいることでしょう。そこで、トイレの水漏れのうち自分で修理できる場合と、ヒビ割れなどのようにトイレ一式を交換した方が良いケースについて紹介していきます。

トイレの水漏れは自分で修理できるのか

トイレの水漏れとひと口にいっても、タンクや便器、詰まりが原因になっているなど、さまざまなケースが挙げられます。自分で修理できそうなものには、軽微な詰まりやタンク内の部品の交換などがあり、いずれの場合も専門知識や資格などを必要としない場合に限られます。

水漏れの原因がわからない場合でも、止水栓を締めることで一時的に水漏れを止めることが可能となるため、修理業者が自宅に到着するまでの間の応急処置はできるでしょう。

トイレの便器にヒビが入ったときは自分で修理できる?想定できるトラブル

トイレの水漏れ原因には、便器にヒビが入ることで起こるケースもあります。便器は見た目にも頑丈そうなので、簡単に破損するようなイメージはありませんが、陶器製であることから知らぬ間にヒビが入ることがあるものです。

便器のヒビが見つかった場合、自分で修理することはなるべく避けるのが良いでしょう。万が一、刺激を与えて崩れるようなことがあっては収拾がつかないことも考えられます。では、便器にヒビが入ることで想定できるトラブルについて見ていきましょう。

・水漏れ
便器のヒビの状態にもよりますがじんわりと水がにじんだり、にじんだ水が便器と床の間にしみこんだりする可能性があります。いきなり大量の水が漏れるより、少量の水が漏れる方が多く、トイレを利用したときや掃除したときに気づくパターンがほとんどです。

・便器と床の間への水漏れや腐食
便器のヒビから漏れた水が便器と床の間に滴り、床材を湿らせたり腐食させたりする可能性があります。これらの症状は便器に結露が発生したときにも見られますが、季節に関係なく便器と床の間が湿っているようなら腐食している可能性が高いでしょう。

・破損した場合のケガ
便器のヒビ割れがひどくなっていくと、何らかの刺激により大きく破損したり便器が崩れたりする恐れもあります。ほとんどの場合は崩れてしまう前に対処されますが、ヒビ割れの発見と同時にたまたま来客などで使用頻度が高くなったときや、地震などの影響があれば崩れる可能性もあります。

トイレの便器のヒビを修理した場合いくらかかるのか

トイレの便器のヒビはなるべく自分で修理するのではなく、修理業者に依頼する方が良いのですが、仮に自分で修理した場合はどのくらいの修理代がかかるのでしょうか。トイレは便器・便座・トイレタンクの3つから成り立っていて、便座を交換するだけなら5,000円ほど、トイレタンクの交換は3~5万円+工事費、便器のヒビにコーキングなどを施すだけなら2,000円~5,000円ほどと言われています。

しかし、便器は長期的な安全も確保しなければならないため、応急処置でしのぐよりは便器を交換する方が良いでしょう。便器本体の交換は、交換する便器の種類、設置条件などにより変動し、トイレをリフォームする方が安い場合もあります。

10年以上前のトイレならトイレ一式を交換する方が良いケースもある

便器を交換しなければならないとき、このトイレを設置したのはいつごろなのかを考えてみてください。一応の目安として10年以上前に設置したトイレなら、機能面や節水能力などが最新のトイレよりもかなり劣っていると判断できます。そのため、便器だけを交換するよりトイレの性能を上げる意味でもトイレ一式の交換も検討してみてください。

一般的なシンプルなタイプのトイレに温水便座を付けた場合なら、7万円程度から12万円程度が相場、高くても15万円くらいまでが相場です。これに、古いトイレの撤去費用と取り付け工事費が5万円前後だとすると、合計で高くても12~20万円くらいとなります。

トイレを最新式のタンク一体型トイレや新しいタイプの節水トイレにランクアップする場合は、トイレのみの価格で15~30万円ほど、これに撤去費用と取り付け工事費が5万円前後プラスされると考えておきましょう。トイレ一式の交換費用は、トイレのランクにより増減します。はじめに予算を決めてトイレを選ぶか、欲しいトイレを決めることで予算は変動するので、便器にヒビが見つかりトイレ一式を交換する際は個人の都合に合わせて選ぶと良いでしょう。

トイレのヒビ割れが発生したら早めに修理専門業者に相談がおすすめ

トイレの水漏れ修理や便器のヒビ割れは、個人で修理できるものもありますが、知識や経験がない場合は水回りのトラブル専門の、修理専門業者に修理依頼するのがおすすめです。

みやざき水道職人は、日向市・宮崎市・都城市・延岡市・日南市などを含む宮崎県のすべてのエリアを対象に、水トラブル全般の修理を行う専門業者です。水トラブルの規模に関わらず、弊社の修理のプロスタッフが連絡1本ですぐに現場に駆け付けます。水漏れや詰まりなどでお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315