【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 床が濡れたら火災保険をチェック!漏水被害をカバーできる可能性

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

床が濡れたら火災保険をチェック!漏水被害をカバーできる可能性

2021年06月09日 水漏れのトラブル


突然の漏水で床が水浸しになってしまい、高額の修繕費用が発生する被害が出てしまったら大変です。そんな大金はすぐ用意できない!というときに備え、火災保険を改めてチェックしてみましょう。また、水浸しになった床は絶対に放置厳禁です。

床が水浸し!放置したら起こるかもしれない恐怖の出来事

床がびしょ濡れになってしまうような漏水は一大事です。まずは水を止め、濡れた場所を早めに乾燥させましょう。「時間がないから後で」「放っておけば乾くだろう」という考えはNGです。ひどく濡れた床を放置すると、想像以上に悪い結果に繋がりかねません。

まず、濡れた床が腐ってしまうことがあります。とくに換気の悪いタイプの住宅ではその可能性が否定できず、最終的に床の張り替えのような大がかりな修繕工事が必要になってしまうことも。

腐るまではいかなかったとしても、カビの発生が懸念されます。見た目は乾いて元通りのように見えることもありますが、実はフローリングや床材の裏側にビッシリと黒カビが…!というケースもあるのです。黒カビは胞子が体内に入ると気管支系のアレルギーが起こることもあるため、健康的な生活のためには遠ざけたい存在です。

集合住宅の場合には水が床や壁を伝って階下に落ち、天井に二次被害を出してしまう危険性があります。こうなると高額の修繕費用が発生します。さらに、階下の住民との人間関係にもあまり良いことではありません。

そして重大な危険として、漏電が否定できません。水で濡れた場所に電化製品があれば、水濡れからの漏電が起こる可能性があるでしょう。漏電から火災が起こることも珍しくないため、やはり床への水漏れは早急な対応が必要です。

役に立つかも?火災保険の内容を再チェック!

もしも大規模な修繕が必要になってしまった場合、気になるのは修繕費用です。内容によっては数十万円もの出費になりかねません。それを恐れて何も手を打たないというわけにもいかず、頭痛を覚える人も多いでしょう。

そこで改めてチェックしたいのは火災保険です。火災保険は持ち家・賃貸住宅を問わず、多くの人が加入しているでしょう。この火災保険が思わぬ役に立ってくれるかもしれません。

火災保険の内容によっては、水漏れによる被害の修繕にかかった費用を補償してくれることがあります。たとえば「洗面所の水漏れにより床や壁の修繕が必要」となったとき、火災保険に「水漏れ」関連の付帯があれば、床と壁の修繕費用が補償されます。

このとき注意しておきたいのは、「洗面所の水漏れ原因(排水ホースが外れたなど)の修繕費用には適用されない」ということです。あくまで「水漏れによって被害を受けた物・箇所の修繕」が対象になります。いずれにせよ火災保険の契約内容によって異なりますので、保険証券で確認したり、保険会社に質問してみましょう。

なお、以下のような場合には適用されません。

・経年劣化が原因の水漏れ
・大雨や洪水のような天災で排水管などを逆流したことによる水漏れ
・洗濯機、浴槽(バスタブ)の水漏れ

洗濯機や浴槽からの水漏れ被害が補償対象外というのは意外かもしれませんが、基本的に火災保険の水漏れ特約は「給排水設備」が対象です。洗濯機や浴槽は給排水設備ではないと認識されるため、補償が受けられません。

階下への二次被害の修繕費用は?

階下の天井や壁にまで水漏れ被害が及び、修繕費用を負担することになったのなら、「水漏れが原因で修繕が必要になったのだから、火災保険で補償されるだろう」と考えるかもしれません。しかしこれは火災保険でカバーできないことが多く、頭の痛いところです。

そこで助かるのが「個人賠償責任保険」です。意図せず他人に被害を与えてしまい、賠償責任が発生したとき、個人賠償責任保険でカバーすることができます。個人賠償責任保険は火災保険に付帯しているケースが多く、火災保険の加入時に一緒に入っておけば不慮の事故に備えやすくなります。月々の保険料も安く、火災保険料に数百円程度プラスするだけで入れることがほとんどです。賠償額も高いため、予想外の大きなトラブルになっても対応しやすくなります。

また、火災保険だけではなく、最近では自動車保険や自転車保険、クレジットカードでの付帯も増えています。やはり数百円程度のプラスで付帯できるため、いざというときに備えるためにも、加入しておくことをおすすめします。水回りのトラブルは早急に解決したいものですが、高額な修繕費用がかかってしまうことも珍しくありません。トラブル前に火災保険の内容を改めて確認し、必要だと感じたら、水漏れに関する付帯をプラスしておきましょう。

スピード対応必須!水道修理業者にすぐ連絡を

みやざき水道職人は、延岡市、日向市をはじめ、宮崎県内の広いエリアで水回りのトラブルを解決します。24時間365日の受付態勢を取り、お電話一本で年中無休で現場へ駆け付けます。

お見積もりは無料、お見積もり後のキャンセルも可能です。お支払い方法は複数用意しております。お急ぎのときにも安心してご連絡ください。

宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315