【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 家庭内感染を防ぐためにトイレで注意したいこと

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

家庭内感染を防ぐためにトイレで注意したいこと

2021年06月18日 新型コロナウイルス


新型コロナウイルス感染を防ぐために

なるべく人の多いところに行かないことが基本です。
不要・不急の外出は避けるようにし、特に体調が悪いときは家にいるようにしましょう。
ただし外にいる場合と比べて感染率を下げられますが、100%安全とは言えません。
家庭内感染が流行っていた時期があるように、家にいても感染する確率はあります。

たとえば密室であるトイレは、知らず知らずのうちにウイルスに触れている可能性があるのです。
トイレに長居する状況は少ないので、空気感染のリスクは低いですが、接触感染の可能性はあります。
便器のフタなど皮膚が接触する部分を介し、排泄物が皮膚につくことがあるのです。
勿論家族全員が陰性者であれば大丈夫ですが、もし陽性者がいればリスクとなります。


排泄物に触れていると想定を

たとえば便器のフタに尿がはねて、それをトイレットペーパーで拭いたとします。
すると排泄物が存在したことがわからない状態までキレイになるでしょう。
このように排泄物は目に見えない状態で存在することがあるので、皮膚と接触する可能性が十分にあると考えることが大切です。

菌やウイルスとの接触を皆無にすることは不可能ですが、あまり神経質になりすぎると疲れますから、消毒や手洗いをしっかりと行って対処してください。
基本的にトイレを使用したあとに手洗いをしておけば問題ありません。


COVID-19を除去するための手洗い

手洗いは適当に行えばよいわけではなく、COVID-19を洗い流すことが前提となります。
殺菌作用のある石鹼を使ってから手洗いすれば、COVID-19をほぼゼロにできるでしょう。
石鹼の泡は汚れを吸着させるので、十分に泡立てるのがポイントです。
水道水で洗うだけでも一定の効果はありますが、石鹼を使用した場合と比較すると100倍もウイルスが残ります。

新型コロナは多くのウイルスを体内に取り込むことで感染するのです。
吸入量を抑えられれば、感染率を下げられるのです。


なぜトイレ掃除が必要なのか?

目に見えているものだけが汚れではありません。
菌やウイルスなど目には見えない汚れも存在しますので、掃除をして落としていく必要があります。
当然ながら目に見える汚れがある場合、さらに汚れていると考えてください。

黒カビや水垢、尿石などが便器に付着するとザラザラになり、光沢感がなくなっていきます。
便器がツルツルからザラザラになると、汚れを抱え込みやすくなるのです。
だからこそ常にツルツルを維持できるように、週に1回は清掃をしたいです。

初期の汚れはやわらかいですが、時間が経過すると落とすのが困難になります。
それゆえトイレ掃除はこまめに行ったほうが、結果的に楽をできるのです。
掃除のときに表面活性剤で洗えば、効率よく汚れを落とせます。


トイレに入るときにマスクは必要?

人が密になる状態ではマスク着用をしたいですが、トイレは一人で使用するものです。
そのためトイレの使用時はマスクを着用する必要はありません。

ただし掃除をするときなど、長時間を過ごす場合は着用しておいたほうが安心できます。
たとえば床や壁掃除をするとき、ほこりが舞い上がってしまうでしょう。
同じように菌やウイルスも舞い上がるため、マスクを着用したほうがいいわけです。
COVID-19は粘膜に付着することで感染するため、掃除中はゴム手袋や保護眼鏡なども着用したいです。


アルコール消毒が役立つ場面とは

アルコールにはCOVID-19を死滅させる作用があります。
優れた殺菌作用があるので、気になる場所を消毒しておきましょう。
トイレや浴室のドアノブはよく接触する部位ですから、アルコールをスプレーしたり、脱脂綿に染み込ませたりして拭いてください。

新型コロナウイルス予防のためには、ウイルスと接触しないこと、ウイルスを死滅させること、ウイルスを洗い流すことが大切です。
この3点を意識していれば、感染リスクを大きく下げられます。
私たちは思わぬ場所で汚水に触れており、家庭内のトイレだからと安心はできません。
下痢や汚水はトイレットペーパーホルダーや壁にまで飛ぶことがあるのです。


トイレの詰まりを解消させるときの注意点

ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどでトイレ詰まりを解消させる場合は、汚水が飛ばないように養生をしてください。
汚水にCOVID-19が含まれていれば、それが皮膚や粘膜についてしまうでしょう。
必ずビニールシートや新聞紙などで養生し、便器から汚水が逃げないようにします。
ゴム手袋やマスク、保護眼鏡を着用して作業をすればより安心です。

みやざき水道職人では毎日の健康チェック、消毒、手洗い、うがい、手袋やマスクの着用などスタッフ全員コロナ対策には万全を期しており、安心してご依頼いただけます。
ご相談くだされば、水のトラブルを即解決いたします。

宮崎市、都城市、延岡市、日南市、日向市などの宮崎県全域で地域密着の活動をしています。
水漏れや詰まり、故障など、お困りごとがあれば気軽に相談してください。
水まわりの中心となるトイレ、浴室、キッチン、洗面所のトラブル解決の実績が豊富にありますし、丁寧な対応にも自信があります。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315