【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » うっかりトイレに落とした!取り出すためにできることとは

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

うっかりトイレに落とした!取り出すためにできることとは

2021年08月13日 トイレのトラブル


トイレはものを落としやすい場所です。
落とすつもりはなくても偶然、ポケットに入っていたり、手にしていたものが便器に一直線に落下してしまうこともあるでしょう。
それが大切なものだったら大ショックですよね。

取り出したい、でもどうしよう…。
そんなときに、まずトライする方法をご紹介します。

落としたときに「やってはいけないこと」!

アクセサリーやスマホ、子供のおもちゃなど、大切なものを落としてしまうと、ついパニックになってしまいます。
しかし緊急時とはいえ、やってしまうと逆効果になる行動も。
まずは「やってはいけないこと」をご紹介します。

・慌てない
緊急時に慌てるとろくなことがない、というのは、どんなことでも共通するものです。
決して精神論の話ではありません。
トイレにものを落としたときに慌てると、悪影響が出かねないのです。

たとえば、焦って手や道具を突っ込んだとしましょう。
強い水の流れを起こし、本来なら手が届く位置になった落下物を排水路の奥に移動させてしまう可能性があります。

落ち着いて対処していればすぐに取り出せたかもしれないのに…と後悔してしまうでしょう。
まずは落ち着くように心がけてください。

・トイレの水を流さない
慌てていてもいなくても、トイレの水を流してはいけません。
落としたものが完全に遠ざかってしまいます。

排水管を通じて汚水枡という場所まで流れ、そこで止まればまだ取り出せる可能性はありますが、最悪の場合はそのまま下水へと消えていきます。
下水まで流れてしまうと取り出すことはほぼ不可能です。

自動洗浄機能がついたトイレは立ち上がるだけで水が流れてしまいます。
落としたらまずは電源を切りましょう。
手動のタンク式トイレなら、絶対にタンクレバーに触らないように注意が必要です。


どうやって取り出す?代表的な2つの方法

慌てない、流さないが実行できたら、いよいよ落下物の取り出しにチャレンジです。
いくつかの方法をご紹介します。

・手で取り出す
落下物が便器の中にまだ見える場合、手で取り出せる状態です。
素手ではなくゴム手袋を装着しましょう。
便器に身体が近づくことになりますので、気になる人は汚れても良い服に着替えると安心です。

簡単に拾い上げられる状態であれば、水に手を入れたときに起こる水流に気をつけながら拾い上げてください。
これで成功なら拾い上げたものをしっかり除菌して完了です。
感染症対策のためにも落下物、そして作業したゴム手袋の念入りな除菌を強くおすすめします。

少し奥まった場所、便器の排水口の中に入りこんでいても、覗けば見えるのであればゆっくりと引っ張ります。
引っかかるようなことがなければそのまま引き上げられます。

もしも何らかの引っかかりを感じたときには無理に引き上げず、水道修理業者の手配を検討してください。
無理矢理引っ張ってしまうと周囲を傷付けたり、最悪の場合は破損させてしまうこともあります。

・ラバーカップ
手で取り出せない場合にはラバーカップを使います。
これは自分でできる方法の最終手段に近いものがありますので、もしもこれでも解決できなければ、水道修理業者に依頼したほうが良いでしょう。

「ラバーカップを使ったら、勢いでもっと奥に流されてしまうのでは?」と考えるかもしれませんが、ラバーカップは本来「引き上げる力」を使う道具です。
中にあるものを引っ張り出すには最適なはたらきをしてくれます。

作業をする前に、便器内の汚水が周囲に飛び散らないように準備をします。
衛生上も大切なことですのでぜひ実行してください。
トイレの床や壁に新聞紙や捨てても良いバスタオル、不要な布、ビニールシートなどを貼り付けます。

また、透明の大きなごみ袋を活用することもできます。
ラバーカップの棒が通るくらいの穴を開けたごみ袋で便器を覆うと、作業中の水の飛散を最小限に防げるようになります。

準備ができたらラバーカップを使います。
トイレの排水口にゆっくりとラバーカップの先を押し込みます。
中が密閉状態になるよう、隙間なくぴったりと押し込めると理想的です。
密閉状態から引き上げると引っ張り出す力が強くなるためです。

できるだけ密閉状態にすることができたらラバーカップを引っ張り上げます。
落下物が便器の中に無事に浮かんでくれば完了です。
1度で成功しないときには諦めず、何回か同じことを繰り返しましょう。

・それでもダメなときには
手でもラバーカップでも取り出せなかった…というときには、汚水枡を確認します。
そこに落下物がとどまっている可能性があります。
ただ、汚水枡は屋外にあり、確認のためにスコップのような道具が必要になるケースがほとんどです。
作業そのものも労力が求められます。

また、集合住宅の場合は汚水枡が確認できない造りになっています。

自分で汚水枡を確認できる環境にあり、やる気がある人なら良いのですが、難しいと感じる環境なら専門業者に依頼しましょう。


大事なものがトイレに…。そんなときには水道修理業者へ

みやざき水道職人は、宮崎市、延岡市、日南市、西都市、北諸県郡など、宮崎県内の広いエリアで水回りのトラブルを解決します。

トイレをはじめ水回りのお悩みがあれば、24時間365日、いつでもご連絡ください。
無料の事前お見積もりで安心の明瞭料金、アフターフォローまでしっかりご提供いたします。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315