【水道局指定工事店】宮崎のトイレつまり・水漏れ修理なら「みやざき水道職人」 » 水が止まらない!トイレのタンクからの水漏れ対処法は

宮崎 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水が止まらない!トイレのタンクからの水漏れ対処法は

2021年09月20日 トイレのトラブル


朝から晩まで家族全員で使うトイレには、想像以上の負担がかかっています。
特に、長く使い続けたトイレや頻繁に使うトイレには、さまざま負担による水回りのトラブルが発生しやすいものです。

そこで今回は、トイレのなかでもトラブルの多い「タンク」からの水漏れについて詳しく紹介します。

トイレの種類とタンク

・組み合わせトイレ
一般家庭でもっともポピュラーなトイレのタイプが、この組み合わせトイレです。
分離型とも呼ばれるこのタイプは、便器・タンク・便座を組み合わせた形のトイレで、タンクに水をためて便器を洗浄します。

タンク上部の手洗いの有無や、持ち上げるだけで蓋が取れるタイプとナットを外して蓋を取るタイプなどバリエーションも豊富です。
タンクに水を入れれば停電時でも水を流せることや、本体の値段が比較的安価な点がメリットと言えるでしょう。

・一体型トイレ
組み合わせトイレと比較して掃除がしやすく人気なのが、一体型トイレです。
便器・タンク・便座がすべてつながったデザインで、凹凸や隙間がないためゴミがたまりにくくなっています。

タンクには手洗いを設けることもできるので、従来の組み合わせトイレの使い勝手の良さをそのままに、シンプルで機能的な見た目の美しさを手に入れたい方におすすめです。
ただし、パーツごとの交換ができないため故障した際にはトイレごと交換が必要になるケースもあるため注意しましょう。

・タンクレストイレ
タンクがないためトイレの空間が広々として見えるのが、タンクレストイレです。
便器と便座は、一体型トイレ同様に凹凸やつなぎ目が少ないため、掃除も簡単で清潔さを保てます。

また、便器を洗浄する水は、水道給水管から直接供給されるため、従来のタンク式トイレのようにタンクに水がたまるのを待つ必要もありません。
一般的に、流す水には水圧が必要なため高台や高層階の住居には不向きとされていますが、水圧不足でも設置できるタンクレストイレも発売されています。

・収納一体型トイレ
トイレのタンクを収納スペースのなかに隠して空間をきれいに見せてくれるのが、収納一体型トイレです。
システムトイレとも呼ばれるこのタイプは、手洗いや収納ボックスを好みによって組み合わせられます。

収納ボックスには、タンク以外にも配管や掃除用品などを入れられるので、トイレ空間を生まれ変わらせるリフォームとして人気です。


タンク内が原因の水漏れ

・ボールタップ(給水弁)
タンク内の水位に連動して給水を制御しているボールタップがうまく作動しない場合、いつまでもタンク内の水が止まらないことがあります。

また、ボールタップの動きで水を出したり止めたりする部分にあるパッキンの劣化によって、水漏れが起きているかもしれません。
ボールタップは消耗品であり、交換できます。

まったく同じ品番でなくとも取り付けられますが、取り付けた後に問題なく動くか、動けるスペースがあるか、タンクの蓋を閉められるかなどを確認しましょう。

・フロートバルブ(排水弁)
タンクから便器に流す水を制御しているのが、フロートバルブです。
タンクの底にあるゴム栓がフロートバルブで、常に水中にありトイレを流すたびに栓を開け閉めすることになるので、予想外に劣化が早いパーツでもあります。

便器にいつまでも水が流れ出る場合には、フロートバルブが劣化して水が止まらなくなっているかもしれません。
フロートバルブは、メーカーやサイズをしっかり確認して交換する必要があるため、注意しましょう。

・オーバーフロー管(サイフォン管)
オーバーフロー管とは、タンク内の水位が上がってしまった場合でもタンクから水があふれることを防ぐためのパーツです。
このオーバーフロー管は、タンク内のゴミなどが詰まったり、破損したりしやすい部分でもあります。

亀裂などの破損が見られる場合は、オーバーフロー管自体を交換してください。
パイプ部分の長さはトイレによって異なるため、同じサイズのものを用意しましょう。


タンク内が原因の水漏れ

・タンク下のパッキンやボルトの劣化
タンクと便器の間にあるパッキンやボルトが劣化すると、タンク内の水が漏れることがあります。
タンク下のパッキンやボルトの交換には、タンクの取り外しといった作業が必要となるため、自分で修理するのは困難となるでしょう。

無理に自分で修理すると思わぬトラブルを招くこともありますので、プロの修理業者への相談がおすすめです。

・タンクの破損
タンク自体が何らかの原因によって破損していると、そこから水漏れを起こすことがあります。
一般的なタンクは陶器製であり、衝撃によって割れやすい素材です。

防水パテなどで応急処置できますが、小さなヒビでも水圧によって大きく破損する可能性もあるため、早めの対処を心がけましょう。


水回りのトラブルはみやざき水道職人へ

みやざき水道職人は、豊富な経験と知識を持つプロの水道修理業者です。
トイレの水漏れはもちろん、お風呂・台所・洗面所などあらゆる水回りのトラブルは、みやざき水道職人へおまかせください。

宮崎市・都城市・延岡市・日向市・串間市・高鍋町・国富町など、宮崎県内の広い地域へ24時間365日急行します。
まずは、フリーダイヤル0120-492-315までお気軽にご相談ください。


宮崎のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「みやざき水道職人(宮崎水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315

みやざき水道職人(宮崎水道職人) 0120-492-315